教員・指導陣紹介

篠﨑 和子 Kazuko Shinozaki

[弦楽器]ハープ

現在の活動

ソロ、室内楽、オーケストラ等、様々な分野で活躍している。

略歴

桐朋学園大学音楽学部および、ニース音楽院を審査員満場一致の金メダルを得て卒業。
1992年第4回日本ハープコンクール・ヤング部門優勝、1993年第1回リリー・ラスキーヌ国際ハープコンクール・ジュニア部門第2位、1997年第9回日本ハープコンクール・プロフェッショナル部門第2位、1998年UFAM国際音楽コンクール・ハープ上級部門第1位、2001年第5回および2004年第6回USA国際ハープコンクール入賞、2006年第18回エクソンモービル音楽賞洋楽部門奨励賞、2008年度第19回出光音楽賞受賞。
2002年文化庁派遣芸術家在外研修員として2年間フランスへ留学。
新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、セントラル愛知交響楽団等 国内主要オーケストラとの共演の他、東京オペラシティリサイタル・シリーズ「B→C」、フィリアホール「女神との出逢い」、紀尾井ホール「紀尾井ニュー・アーティスト・シリーズ」、びわ湖ホール「びわ湖からはばたく」、トッパンホール「エスポワール シリーズ」等のリサイタルや、室内楽の演奏会へも多数出演。また、東京のオペラの森(東京・春・音楽祭)、サイトウ・キネン・フェスティバル松本 等にも参加している。2009年小澤征爾音楽塾講師。
2002年「塔の中の王妃」(Meister Music)でCDソロデビュー。その他、チェンバロのローラン・テシュネとの「チェンバロ+ハープⅡ(DVD付)」(ALM Records)、工藤重典との「モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲k.299」(Meister Music)等がリリースされている。

指導方針

一人ひとりの個性と才能を大切にし、演奏技術を磨くことによって音楽表現の可能性を広げられるよう指導いたします。