教員・指導陣紹介

小川 佳津子 Kazuko Ogawa

打楽器

現在の活動

マリンバソリスト。オーケストラ打楽器奏者。パーカッションアンサンブル「東京パーカッション・シンフォネット」「小川佳津子&ステラ21」「埼玉打楽器合奏団」、管打ユニット「セブンステラ」、管弦打ユニット「アンサンブル・インタラクティヴ・トキオ」メンバー。

略歴

東京藝術大学卒業。同大学院修了。マリンバソリストとしてカーネギーホールやウイーンコンチェルトハウス、ムジークフェラインザール、北京コンサートホールで招聘コンサートを開く。また東京都響、東フィル、N響団友オケ、中国中央交響楽団などのオーケストラや警視庁&警察音楽隊、川口市・アンサンブルリベルテ、神大などの多数の吹奏楽団ともコンチェルトを共演。オーケストラ打楽器奏者として都響、読響、札響、スーパーワールドオーケストラの奏者も務める。ソロやアンサンブルで11枚のCDをリリース。NHK洋楽オーディション合格。尚美学園大学、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、一橋大学、埼玉大学吹奏楽部、各講師。

指導方針

“メカニック(楽器の奏法や身体のコントロールを知る)&テクニック(自身の音楽のための表現の技術)&エモーション(イマジネーションを膨らませる感性を身につける)”の一体化を目指す。ひとりひとりの音楽を見つけるために。