教員・指導陣紹介

武田 一彦 Kazuhiko Takeda

ピアノ

現在の活動

全日本ピアノ指導者協会正社員・コンクール課題曲選定副委員長・ステップ課題曲選定委員、日本アーティストビューローフェスティバル実行委員、日本クラシック音楽協会審査員、PTCピアノコンクール審査員、スガナミピアノコンクール審査員。現在各地でリサイタル、トークコンサート、レクチャーコンサート、公開レッスン、課題曲セミナー、コンクールの審査を行う。

略歴

東京芸術大学音楽学部付属音楽高校を経て、東京芸術大学音楽学部ピアノ科卒業後、渡欧。1985年ハンブルク交響楽団と共演、ドイツ国家演奏家試験に最優秀の成績で合格、ドイツ国立リューベック音楽大学大学院修士課程修了。1987年ミュンヘン国立音楽大学マスタークラス修了。その後ウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む。ヴィオッティ国際コンクールディプロマ受賞。ピアノを故伊達純、フランス・クリダ、ローランド・ケラー、ルートヴィッヒ・ホフマン、ユルゲン・ウーデの各氏に師事。日本クラシック音楽協会優秀指導者賞受賞。全日本ピアノ指導者協会指導者賞受賞。

指導方針

個性を大切に、丁寧に、きめ細かく指導します。