教員・指導陣紹介

家田 淳 Jun Ieda

[ミュージカル]演出

現在の活動

オペラ、ミュージカルを中心に演出家・翻訳家として幅広く活躍。

略歴

10代をアメリカで過ごし、現地で声楽を始め舞台経験を積む。
国際基督教大学卒業、言語学専攻。英エディンバラ大学に留学。
新国立劇場、二期会ほか国内主要オペラ公演においてリチャード・ジョーンズ、カロリーネ・グルーバー、ジョエル・ローウェルス、グラハム・ヴィック、デイヴィッド・ニースなど世界的な演出家の助手を数多く務め、ラインドイツオペラ「ドン・ジョヴァンニ」(デュッセルドルフ)にも参加。ロイヤルオペラハウスJette Parker Young Artists Programmeで演出助手を務めつつ、同プログラム及びギルドホール音楽院オペラ科にて歌手の演技指導法と養成法全般について研修。
演出作品に「エウリディーチェ」(佐川吉男音楽賞受賞)、「カルメン」、「ヘンゼルとグレーテル」、兵庫県立芸術文化センタージルヴェスターコンサート「バーンスタイン・オン・ブロードウェイ!」、「アントネッロのエソポのハブラス」(東京、兵庫、佐賀にて公演)、オーストリア・アイゼンシュタットにて「月の世界」他。本学ではミュージカルコース「この森で、天使はバスを降りた」「スウィート・チャリティ」を翻訳・訳詞・演出。
また演劇やミュージカルの翻訳家・訳詞家・通訳として劇団四季、ホリプロほか多くの公演に参加。訳詞作品に東宝「Songs for a New World」ホリプロ「天才執事ジーヴス」他がある。
声楽をH.ハリントン、齋藤昌子、各氏に師事。RADA(英国王立演劇学校)元校長ニコラス・バーター、同校教師イラン・レイシェル、アンドリュー・カスバート、ローナ・マーシャル各氏にスタニスラフスキーシステムを含む演技全般を学ぶ。

指導方針

現代のオペラ、ミュージカルにおいては自ら積極的に役作りをし、演出家と意見を交わしながら作品作りのプロセスに主体的に参加できる能力を持つパフォーマーが求められています。そのためには演じ手が楽譜をしっかり読み込み、作品の時代背景や当時の生活習慣、価値観なども知った上で、イマジネーションを働かせながら身体を使えるようになることが大事です。基本的な身体表現法、楽譜を元にした役作りのメソッドを通じ、どんな作品にも主体的に対応できるパフォーマーを育てます。
音楽劇の奥深さに触れながら舞台の本物の楽しさを体感できる授業を目指します。