教員・指導陣紹介

吉岡 次郎 Jiro Yoshioka

[管楽器]フルート

現在の活動

現在の活動 ソリスト、室内楽奏者、オーケストラ奏者としての演奏活動。後進の指導。

略歴

武蔵野音楽大学卒業後スイスに留学。1999年 バーゼル市立音楽院にて国家演奏家資格を最優秀の成績で取得し卒業。2002-03バーゼル交響楽団研修団員。2004年帰国。演連コンサート選抜オーディションに合格し、日本演奏連盟・文化庁主催リサイタルを開催。第12回JFCコンクール・ピッコロ部門第2位。第3回東京音楽コンクール最高位入賞(1位無し2位)。2008-09神奈川フィル契約首席奏者。2010-11年度 (財) 地域創造「公共ホール音楽活性化事業」登録アーティスト。ソリストとして、名古屋フィル、東京フィル、日本フィル等と共演。2011年、帰国後4度目となるソロリサイタルにて、ダニエル・シュナイダー作曲「フルートと打楽器のための協奏曲」を日本初演。これまでに2枚のアルバム「シュナイダー、フルート作品集”マンハッタンの風”」「ドビュッシー×ラヴェル”双璧の風”」をリリース。現在はソリスト、室内楽奏者、オーケストラ奏者として活動中。白尾 隆、F.レングリ、笠井 潔、R.グライス=アルミンの諸氏に師事。ムラマツ・フルートレッスンセンター講師。

www.jiroyoshioka.com

指導方針

音楽を少し先に始めた先輩として、これまでの経験で得たものを、またこれからさらに研鑽を積んだことを還元して指導いたします。どのようなレヴェルでも基礎を顧みるということを大事にしています。