教員・指導陣紹介

泉 良平 Ryohei Izumi

声楽

現在の活動

二期会本公演や他団体のオペラ公演に出演。その他オーケストラ主催の演奏会など多様なコンサートに出演する他、演出、コンサートプロデュースなども行っている。

略歴

群馬県高崎市出身。東京芸術大学声楽科首席卒業。松田トシ賞受賞。同大学院オペラ科修了。文化庁オペラ研修所第10期修了。安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団、及び五島記念文化財団の奨学金を獲得、5年間ミラノ音楽院に学ぶ。全日本学生音楽コンクール優勝。日本音楽コンクール第3位(1位なし)。ブダペスト国際声楽コンクール第1位入賞。その栄誉によりハンガリー国立歌劇場『ラ・ボエーム』マルチェッロでヨーロッパデビュー。ニューヨークではメトロポリタン・オペラ・オーケストラと共演。大野和士指揮、東京フィルハーモニー交響楽団オペラコンチェルタンテシリーズでは『仮面舞踏会』『遥かなる響き』『ドン・カルロ』に出演。



東京二期会では創立50周年記念公演、宮本亜門演出の『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵に抜擢された後、『椿姫』ジェルモン、『エジプトのヘレナ』(日本初演)アルタイル、『さまよえるオランダ人』タイトルロール、『蝶々夫人』シャープレス、『ワルキューレ』ヴォータン、『ファウストの却罰』メフィストフェレス。東京二期会60周年記念公演、ワグナー『パルジファル』クリングゾール役に出演など活躍を続けている。



また新国立劇場では野田秀樹演出『マクベス』タイトルロール、『軍人たち』アイゼンハルト、『リゴレット』モンテローネ伯爵など他多数出演。その他日生劇場『利口な女狐の物語』森番。



日本オペラ協会では2015年『袈裟と盛遠』のタイトルロールで成功を収め、『みづち』タイトルロール、『天守物語』朱の盤坊、『死神』早川などでも出演。また佐渡裕プロデュース『メリー・ウィドウ』プリチッチ、『こうもり』フランクに出演するなど多彩な作品に出演、成功を収めている。また『題名のない音楽会』出演などテレビやラジオを通じ様々な活動を続けている。



東京二期会会員を経て、現在藤原歌劇団団員、日本オペラ協会会員。五島記念オペラ新人賞受賞。



http://www.izumi-office.jp/

指導方針

各人の特性と年齢にあったレパートリーを重視しつつ、主にイタリアオペラ、ドイツオペラの作品を通じ、声という楽器を最大限に磨き上げることを目的とする。同時に作品における楽曲分析など、多角的な指導を目指す。それにより将来プロフェッショナルな舞台人としてのオペラ歌手の輩出を目指す。












©みなとみらいホール 気軽にオペラ『椿姫』  6:00より登場











2014/9/29【2014 年度 洗足学園音楽大学 就任披露演奏会】

G.F.ヴェルディ/歌劇『マクベス』より二幕のシェーナ“おお マクベス、マクベス、マクベス”