教員・指導陣紹介

西山 郁子 Ikuko Nishiyama

ピアノ

現在の活動

後進の指導にあたりながら、ソロおよび室内楽の演奏活動を行なっている。

略歴

ロンドンのパーセル音楽学校を経て、ウィーン国立音楽大学ピアノコンサート科を卒業。ウィーン国立音楽大学大学院を修了、Magister atrium(芸術修士)を取得。1997年、第10回ベートーヴェン国際ピアノコンクール第3位入賞。2000年、第10回国際室内楽コンクール(ギリシャ)に於いてヴァイオリンとのデュオで優勝。1999年、FontecよりCDをリリース。ソロリサイタルをはじめ、ウィーン・フィルハーモニーのメンバーとの共演、ザルツブルガー・ゾリステンとの共演、ルーマニア・ヴォーチェ・カルテットとの共演など国内外でソロ、及び室内楽コンサートを数多くおこなう。これまでに、V.セルヴァンスキー、E.ザイラー、藤井一興、M.クリスト、T.ニコラエヴァ、J.デームスの各氏に師事。
また、ソプラノのE.アメリングのマスタークラスにて伴奏法の研鑽を積む。
全日本ピアノ指導者協会正会員。愛知県立芸術大学非常勤講師。

指導方針

学生ひとりひとりが、豊かなファンタジーを持ち、ピアノを自分の言葉として表現することができるよう、テクニックを含め、いろいろな角度から指導していきたいと思います。