教員・指導陣紹介

小林 仁 Hitoshi Kobayashi

ピアノ

現在の活動

多くのソロ、室内楽の活動をはじめとして、最近は作編曲にも力を入れている。バッハの最晩年の作品「フーガの技法」の演奏、分析研究。

略歴

東京芸術大学卒業。ミュンヘン国立音楽大学でバイエルン州政府給費留学生として留学。東京芸術大学名誉教授。名古屋音楽大学客員教授。日本ピアノ教育連盟会長。日本ショパン協会会長、そのほか多くの団体の役員。札幌大谷大学音楽学部学部長。

指導方針

学生の間にピアノ演奏の基本をきちんと身につけさせること、音楽を多くの観点から多角的にとらえ、理解させる。