教員・指導陣紹介

押川 浩士 Hiroshi Oshikawa

声楽
[ミュージカル]ヴォーカル

現在の活動

藤原歌劇団本公演をはじめ、新国立劇場等多くの劇場のオペラ公演に出演。
オペレッタやミュージカル出演の他、コンサートなどの企画なども行っている。

略歴

大分県立芸術文化短期大学声楽科卒業。国立音楽大学声楽科卒業。同大学院オペラコースを修了。卒業時にNTTdocomoより奨学金を受ける。
第70回読売新人演奏会等に出演。
これまでに「フィガロの結婚」伯爵。「ラ・ボエーム」マルチェッロ。「コシ・ファン・トゥッテ」グリエルモ、ドン・アルフォンソ。「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロール、レポレッロ。「ジャンニ・スキッキ」タイトルロール。「メリー・ウィドゥ」ツェータ。「セビリアの理髪師」フィガロ。「こうもり」アイゼンシュタイン。「リタ」ガスパロ。「友人フリッツ」ダビッド。「道化師」トニオ、シルヴィオ。「ヘンゼルとグレーテル」ペーター。「カヴァレリア・ルスティカーナ」アルフィオ。「劇場界の都合不都合(viva la mamma)」マンマ・アーガタ。「カルメン」エスカミーリョ。「夕鶴」運ず。「ファルスタッフ」タイトルロール。「ウェルテル」アルベール等多くのオペラ、オペレッタに出演する。

ミュージカルでは「サウンド・オブ・ミュージック」トラップ大佐。「マイ・フェア・レディ」ヒギンズ教授役で出演。

2011年 子どものためのオペラ「パルジファルと不思議な聖杯」アンフォルタス役にて新国立劇場デビュー。
2010年~2011年イタリア・フィレンツェ留学中にアレッツォ市のコンクール優勝。オペラ「ラ・ボエーム」マルチェッロ役にてイタリアデビュー。
藤原歌劇団所属。
http://www.geocities.jp/figarettino/

指導方針

ベルカントを中心とした発声の基本的な力を身につけ、自由な表現力を高める。
基礎的な歌唱法のほかに、日本語の歌唱法、台詞の表現法についても指導していきたい。