教員・指導陣紹介

荒川 洋 Hiroshi Arakawa

[管楽器]フルート

現在の活動

新日本フィルハーモニー交響楽団フルート副首席奏者、ナガノ・チェンバー・オーケストラフルート首席奏者としてオーケストラに従事し、東京パリアンサンブルメンバーなどの室内楽アンサンブル、財団法人地域創造音楽 活性化事業登録OBアーティストで、全国の公共ホールでアウトリーチ活動も含めた演奏活動を行なっている。
コンサートイマジン所属アーティストとして、ソロ活動を精力的に行い、作曲・編曲でも作品を提供し活動を行なっている。
2012年から上野学園大学フルート科講師、2015年から沖縄県立芸術大学管打楽実技室内楽・音楽芸術研究科・室内楽実習非常勤講師としても後進の指導にも力を注いでいる。

略歴

1972年生まれ。宮城県出身。千葉県立津田沼高等学校を経て、国立音楽大学入学。同大学在学中、故アラン・マリオン、イダ・リベラ女史の薦めにより、パリ国立高等音楽院(Conservatoire national supérieur de musique et de danse de Paris)に入学。
1998年帰国後、小澤征爾に認められ、同年6月より新日本フィルハーモニー交響楽団フルート副首席奏者として就任。

【賞与】
1997年 同音楽学校フルート科をプルミエ・プリ(第一位)で卒業。
2011年 クラリネット作品コンクール(日本クラリネット協会創立30周年記念事業)
自作品「ソナタ~モンマルトルの丘~クラリネットとピアノのための(作品66)」が第三位に入賞。作曲作品は計120曲を公表。

【主な作品】
メセナの丘で(2007年)
ソナタ ~モンマルトルの丘~ クラリネットとピアノのための
ソナタ フルートとピアノのためのフルート協奏曲 ~HIKARI~
バレエ「ダフニスとクロエ」
オペラ「二人のハルニレ」

【主なCD】
「花のうた~荒川洋・林光フルート作品集」(2000年)
「フレンチ・コンホーサーズ」(レコード芸術 (2009年3月レコード芸術特選盤)
「インストゥルメンタル・カラーズ~荒川洋フルート作品集」
「しあわせの木(荒川知子とファミリーアンサンブル(プロデュース))」(2016年)
「1867」(2017年)
「フルート名曲31選」

【所属演奏団体】
新日本フィルハーモニー交響楽団フルート副首席奏者
東京パリアンサンブルメンバー
ナガノ・チェンバー・オーケストラフルート首席奏者

【所属教育機関】
上野学園大学フルート科講師
沖縄県立芸術大学管打楽実技室内楽・音楽芸術研究科・室内楽実習非常勤講師

【所属マネージメント】
コンサートイマジン所属アーティスト
財団法人地域創造音楽 活性化事業登録OBアーティスト

指導方針

今までリリースしているCD「フレンチコンポーザーズ」「フルート名曲31選」や、久石譲さんとのオーケストラワークスへの参加などで名前を知っていただいていれば幸いですが、演奏の仕事で必要な技術や音楽をなるべく丁寧に指導します。オーケストラを中心とした、アンサンブル力とソロ活動の両方のバランスを兼ね備えた演奏方法等々、音楽に必要な楽曲分析と演奏方法の必要性もわかりやすく解説し課題に取り組んでいきます。