教員・指導陣紹介

小川 浩美 Hiromi Ogawa

声楽

現在の活動

各種オペラ公演、音楽大学・大学院、及び音楽団体において、フランス語音声の概説、歌唱におけるフランス語ディクションの講座・指導を担当。フランス語、歌曲、オペラ、シャンソンの言語、発音指導。

略歴

国立音楽大学声楽科卒。声楽を砂川稔氏、秋山理恵氏、マドリード国立声楽学院留学 マリミ・デル・ポーソ女史に師事。音声学を益子幸恵氏、フランス語ディクションをTomas Grubb氏に師事。パリカトリック学院フランス文化言語ディプロム取得。パリ第3大学応用音声学ディプロム取得。第6回フランス音楽コンクール好演賞受賞。大阪センチュリー交響楽団定期演奏会メシアン「神の現存の3つの小典礼」・同交響楽団創立20周年記念特別演奏会「火刑台のジャンヌダルク」(’08/‘10年沼尻竜典氏指揮)、びわ湖ホール公演:「カルメン」(’08年北原幸男氏指揮)・「子供と魔法」「ドン・キホーテ」(’13/‘16年園田隆一郎氏指揮)・「ホフマン物語」(’14年大勝秀也指揮)・声楽アンサンブル定期演奏会言語指導(‘11/’14年)、東京室内歌劇場定期公演「人間の声」「マノンの肖像」・広島市文化財団主催「カルメル派修道女の対話」「カルメン」(’09/’10/’14年佐藤正浩氏指揮)、河内長野市オペラ公演「カルメン」「ホフマン」(‘09/’17牧村邦彦氏指揮)、横浜音楽祭り小ホールオペラシリーズ公演「人間の声」(‘16年 佐藤美枝子氏・盛田麻央氏出演 音楽監督服部容子氏)、立川市地域文化振興財団、仙台オペラ協会等オペラ公演の言語指導。森麻季氏CD録音発音監修(’15大勝秀也氏指揮/‘17エイベックスクラシックス)、名古屋二期会フランス語ディクション講座・発音指導(’14~)、日本音楽家協会フランス語ディクション講座・発音指導(’18/’19)、大阪音楽大学フランス語音声特別講義講師、同大学院、国立音楽大学大学院の修士演奏会言語指導・フランス語発音講座(’07~)など担当。国立音楽大学非常勤講師(’14~16年)、白百合学園中学高等学校仏語ミュージカル部CCFコ-チ(‘03~)。

指導方針

音声学の知識に基づき、常に現場の実践的なテクニックを取り入れながら、シンプルに楽しく、学生・初心者からプロの歌手まで実行可能なディクション指導を目指す。
日本語の発音、多言語との音の違いを知り、比較しながら、正しいフランス語の音の調音を身につけると共に、他言語の音の調音及び他言語そのものへの興味や、グローバルな視点を育てる。