教員・指導陣紹介

三澤 洋史 Hirofumi Misawa

声楽

略歴

群馬県出身。国立音楽大学声楽科卒業後、指揮に転向。1984年ベルリン芸術大学指揮科を首席で卒業。バッハに深く傾倒しており、マタイ、ヨハネ両受難曲、ロ短調ミサ曲など全て暗譜でレパートリーに有する。2000年浜松バッハ研究会ドイツ演奏旅行では、エアフルト、ハレでのロ短調ミサ曲成功に加え、ライプチヒ聖トマス教会の新年音楽礼拝を務めた。1999〜2003年バイロイト音楽祭祝祭合唱団の指導スタッフとして従事。この経験を生かし、ワーグナーのスペシャリストとして講演や放送の分野でも活躍。2001年9月〜新国立劇場合唱団合唱指揮者に就任。新国立劇場の全公演に合唱指揮者として関わる。03年9月からの一年間は音楽ヘッド・コーチも兼任。02年「ヘンゼルとグレーテル」指揮、2005年「高校生のためのオペラ鑑賞教室 蝶々夫人」指揮、04年「子供のためのオペラ劇場 ジークフリートの冒険」編曲・指揮。06年新作「スペース・トゥーランドット」を編曲・指揮を担当。05年東京交響楽団特別演奏会「三澤洋史のドイツ・レクィエム」を指揮。合唱指揮者としては、新国立劇場2005年度シーズン開幕の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の合唱音楽作りが高い評価を得る。声楽を伴うあらゆる様式の音楽に精通。言葉と音楽、ドラマと音楽の接点を追求している。作品にミュージカル「おにころ」「愛はてしなく」「ナディーヌ」などがある。日本顕彰会より社会貢献者賞受賞、上毛新聞社より上毛音楽賞を受賞。