教員・指導陣紹介

辻 秀幸 Hideyuki Tsuji

声楽

現在の活動

声楽のソロ活動。合唱・宗教曲の指揮。日本合唱指揮者協会副理事長。東京都合唱連盟理事。
Ensemble BWV2001メンバー。日本演奏家連盟会員。NHK「みんなのコーラス」レギュラー解説者。

略歴

幼少よりヴァイオリン・ピアノ・フルート・金管楽器・作曲を学び、東京藝術大学声楽科、同大学院独唱科前期修士課程修了。声楽を渡邊高之助、宗教音楽を小林道夫、佐々木正利の各氏に師事。1985年ヨーロッパへ音楽遊学。L.グゥアリーニ女史、F.タリアヴィーニ、H.リリングの各氏に師事。86年イタリアのノバラ市国際声楽コンクール入賞。ハイデルベルク、ウィーン楽友協会大ホール、カイザースラウテルン、パッサウ他でベートーヴェン“第9”のソリストを務め、ヨーロッパ各地でコンサートに出演し好評を博す。国内でもドイツ・イタリア・日本歌曲を中心にユニークなリサイタル活動を展開し、オペラでは古典から現代に至るまで、数多くの作品に出演し、新聞・音楽誌上でも度々絶賛された。宗教音楽の演奏家としての活躍は特に目覚ましく、バッハ・ヘンデル・ハイドン・メンデルスゾーン・ドニゼッティー・フォーレ等の宗教曲・オラトリオの演奏では、ソリスト・エヴァンゲリスト・また指揮者として活動している。日本全国の合唱講習会講師、コンクール審査などを務める。現在指導に当たるアマチュア合唱団は十数団体を数える。共著に『わかって歌おうシリーズCD付き解説書:レクイエム発音講座/フィガロの結婚』が有る。

指導方針

己の目指す物に向かって努力する学生の手助けを惜しまない。