教員・指導陣紹介

新井 秀昇 Hidenori Arai

[管楽器]ユーフォニアム

現在の活動

・吹奏楽やオーケストラ等におけるエキストラプレーヤー
・ピアノとのデュオによる公演活動
・ユーフォニアム・テューバアンサンブルによる公演活動
・自身の創作ならびに発表
・演奏者や団体のための作曲/編曲
・レッスン

略歴

埼玉県出身。洗足学園音楽大学を最優秀賞を受賞し卒業。
同大学卒業演奏会、並びにその選抜者によるデビューコンサート、読売新人演奏会、同演奏会における選抜者によるJMCコンサート(日本経営クラブ主催)等に出演。

第5回Jeju国際金管コンペティション(韓国開催)第3位(第4回ファイナリスト)、第26回日本管打楽器コンクール第3位、第7回津堅コンクール第1位をはじめとする国内外のコンクールにて入賞。

現在、吹奏楽やオーケストラにおけるエキストラプレーヤー、様々なアンサンブルにおける活動、ソロ活動など、多岐にわたって演奏活動を繰り広げる。
2016年韓国、2017年香港、2018年韓国にてそれぞれ開催されたアジア・テューバ・ユーフォニアム・フェスティヴァルに招聘されコンサートやマスタークラスを行うほか、2019年5月にはアメリカ・アイオワ州にて開催された国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス2019(ITEC2019)にアーティストとして招聘されリサイタルを行う。

また、創作にも取り組み、特にその性質をよく知るユーフォニアムやテューバを使った作曲作品を多く手掛けている。
2012年度には日本ユーフォニアム・テューバ協会からの委嘱により、第2回J.E.T.A.学生コンクール/テューバ部門課題曲「テューバとピアノのためのソナタ~プロローグ付き~」を作曲する。

2017年6月、初のCDアルバム「NASOTA」をリリースする。

ブラスバンド・ゼファー プリンシパルユーフォニアム奏者、ファンカル(ユーフォニアム・テューバカルテット)、ボトムス・アップ・ユーフォニアム・テューバカルテット、各メンバー。
尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアールディプロマ科講師、日本ユーフォニアム・テューバ協会常任理事。

【ウェブサイト】http://hidearai.wix.com/euph

指導方針

学生が、好きな音楽をさらに好きになり「一生音楽を続けたい!」と思えるようなきっかけを与え続けられるレッスンを目指したい。その一環として、何に取り組むにも学生が自分自身のアイデアを存分に持っての練習・研究に励めるよう、広く考える余地のあるレッスンを行う。また、個々の将来の夢や目標に沿った指導内容を心掛けている。