教員・指導陣紹介

竹内 春美 Harumi Takeuchi

[ダンス]コンテンポラリーダンス

現在の活動

ダンサー、講師、振付家として、活動中。

略歴

12歳よりクラシックバレエを学ぶ。
2003−2005年、オーストラリア・ナショナルシアターバレエスクール留学。在学中コンテンポラリーダンスと出会う。
2010年、文化庁新進芸術家海外研修制度により、ドイツ・ヘッセン州立劇場ヴィースバーデンバレエ/トス・タンツカンパニー(芸術監督:シュテファン・トス)に派遣され、ダンサーとして1年研修。
2012-2019年、ドイツ・レーゲンスブルク劇場ダンスカンパニー(芸術監督:森優貴)にソリストとして所属。
退団後、活動の拠点を日本に移し、ダンサー・講師・振付家として活動開始。

指導方針

作品を創り上げる過程を通し、身体技術、音楽性に加え、作品に向かう姿勢、個性や表現力の追求、舞台での見せ方、協調性など、個々に向き合い丁寧に指導していきます。
そしてもちろん、踊る喜びを大切にしていきます。