教員・指導陣紹介

鵜木 絵里 Eri Unoki

声楽

現在の活動

二期会会員としてコンサート、オペラ出演を中心に活動。
桐朋学園大学、桐朋学園芸術短期大学の非常勤講師として、また二期会オペラ研修所においても後進の指導にもあたっている。

略歴

東京藝術大学卒業。同大学大学院オペラ科修了。二期会オペラスタジオ42期修了時に優 秀賞受賞。イタリア政府給費生としてミラノ市立音楽学校に留学し研鑚を積む。佐渡裕指 揮、宮本亜門演出のミュージカル「キャンディード」ヒロイン役クネゴンデ、「ホフマン 物語」の機械人形オランピア役で二期会本公演デビュー。新国立劇場には 03 年シー ズン「アラベッラ」のフィアカーミッリ役で登場後現在まで数多くの出演を重ねる。デス ピーナ役で出演の二期会公演「コジ・ファン・トゥッテ」は2006年度文化庁舞台芸術大賞 を受賞。日生劇場の「アリスのクラシックコンサートシリーズ」において11年間主役を務め全国のオーケストラと共演を重ねる。またソニーミュージックファンデーションに於ける「0歳からのクラシック」シリー ズにも多数出演し教育プログラムにも取り組んでいる。
「題名のない音楽会21」、NHKFM「名曲リサイタル」出演。 桐朋学園芸術短期大学、桐朋学園大学、洗足学園大学非常勤講師。二期会オペラ研修所講師。
二期会会員。

指導方針

音楽は技術と感性の両輪が重要な芸術です。
感性に従って必要な技術が応じる事を目標に指導にあたります。譜面から得た音楽を誰にどう伝えたいのか、そのためにどういった音が必要なのかを自分で見つけ、発信できる音楽家を育てたいと思います。