教員・指導陣紹介

森島 英子 Eiko Morishima

ピアノ

現在の活動

伊原直子氏、高橋啓三氏、市原多朗氏、佐藤しのぶ氏等、著名な声楽家と演奏活動。また室内楽奏者として、ウィーン・フィルのコンサートマスターやベルリン・フィル、NHK交響楽団の首席奏者等とデュオ、トリオを共演。
佐渡裕プロデュース兵庫県立芸術文化センター公演、ジャパン・アーツ主催オペラ公演等に、ミュージック・アドヴァイザーとして参画。オペラの日本語歌詞、字幕制作も手がける。
東京藝術大学、沖縄県立芸術大学、聖徳大学、東京音楽大学、鹿児島国際大学に勤務。

略歴

東京藝術大学卒業。中山靖子教授にピアノ独奏、中山悌一教授にピアノ伴奏を師事。文化庁派遣芸術家在外研修員として、シュトゥットガルト音楽大学に留学、コンラート・リヒター教授のもとでリート科を修了。在学中より伴奏ピアニストとして演奏活動を開始、多くの声楽家諸氏と共演している。オペラの分野でも、日本有数のコレペティートル、チェンバリストとして活動。
94年度新日鉄音楽賞特別賞受賞。

指導方針

聴衆が感動する演奏のできる音楽家になる事を目標にします。アンサンブルの喜びを知って、心からの学習意欲に燃えてほしいと思っています。
そのために、声楽家の心理や生理、歌われる言葉の内容を理解できるようにします。ドラマの背景を学び、楽譜を深く読み込んで作曲意図を理解する力もつけていきます。各々が表現目的を持ったら、理解した事を実現できるように表現技術を身につけていきます。