教員・指導陣紹介

平松 英子 Eiko Hiramatsu

[ミュージカル]ヴォーカル

現在の活動

ドイツ歌曲、日本歌曲によるリサイタル及びレコーディング。
宗教曲のソリストとしてバッハ、モーツァルト、ブラームス他 オーケストラや室内楽と共演するほか、湯浅譲二、細川俊夫 他の多くの現代作品初演に貢献。
現代曲作品も手がける。

略歴

東京藝術大学、同大学院オペラ科修了。
ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として渡独。
ミュンヘン音楽大学マイスタークラス修了。
在学中、「ヨハネ受難曲」でデビュー。
ミュンヒナー・ビエンナーレ、シュレスヴィック・ホルシュタイン音楽祭、ティボール・ファルガ音楽祭、テアター・デス・ヴェステンス他に出演。
モーツァルト「魔笛」パミーナ役でオペラデビュー。
日生劇場「魔弾の射手」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「オルフェオとエウリディーチェ」「ピーターと狼(ナレーション)」他に出演。
宗教曲ソリストとしてヘルマン・プライ、ペーター・シュラィアー、アーリン・オジェー他国際的歌手と共演。
故ジュゼッペ・シノーポリはじめ多くの巨匠指揮者と共演。
現在 東京藝術大学音楽学部教授。

指導方針

発声の基礎的な練習をとおして無理のない自然な発声を目指す。
課題としてクラシックの曲と自由曲を、声域的に無理のない各自にあった選曲をしながら、一緒に音に向き合いたいと考えている。