教員・指導陣紹介

井野邉 大輔 Daisuke Inobe

[弦楽器]ヴィオラ

現在の活動

仙台フィルハーモニー管弦楽団 ヴィオラ・ソロ首席奏者。
大阪フィルハーモニー交響楽団 特別契約首席ヴィオラ奏者。
TOYOTA 青少年オーケストラキャンプ講師。東京都交響楽団、兵庫PAC管弦楽団、
九州交響楽団等客演首席、及びソリスト、ヴァイオリンを含めた室内楽多数。

略歴

桐朋学園大学より洗足学園大学に編入、ヴィオラに転向後卒業。学生時代より演奏活動を始め、小澤征爾氏、ロストロポーヴィチ氏の喚びかけによるキャラバンコンサート及び御前演奏等に参加。1991年 満場一致の支持率をもってNHK交響楽団に入団。第68回 日本音楽コンクール作曲部門 委員会特別賞受賞。
霧島国際音楽祭等数々の音楽祭、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団演奏会、サイトウキネンオーケストラ、ロンドンフィル及びBBC交響楽団メンバーとツアーなどに出演。ミクロシュ・ペレー二、シプリアン・カツァリス、ダニエル・ゲーデ(元ウィーンフィル )、エミリー・バイノン(アムステルダムコンセルトへボウ管)、ティモシー・ハッチンス各氏ほか海外の演奏家との共演も多い。特に室内楽では共演した演奏家より厚い信頼を受け続け、また、大阪フィル、オーケストラアンサンブル金沢、東京都交響楽団、兵庫PAC管、九州交響楽団などの客演首席奏者やソリストとしても活躍。
NHK交響楽団におけるサヴァリッシュ、デュトワ時代に22年在籍した豊富な経験を有し、楽器をコントロールする確かなテクニックに裏打ちされた多彩な音色と表現力、テキストに誠実な音楽の構築力に定評のある実力派。ミクロシュ・ペレー二氏とのドン・キホーテ、東京都交響楽団での野平作品、JAOフェスティバル(高円宮妃殿下ご臨席)でのベルリオーズ “イタリアのハロルド” ソロはいずれも高い評価を得た。ヴァイオリニストとしても自らリーダーとなる室内楽や合奏団を中心に活動を展開。弘前、仙台、東京、松江、下関などの都市では定期的にヴィオラゼミナールを受け持つなど指導者としても定評があり、講師を務める《TOYOTA 青少年オーケストラキャンプ》での指導は22年に達する。

2013年NHK交響楽団 退団。元NHK交響楽団首席代行奏者。
2014年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団 ソロ首席ヴィオラ奏者。
2015年10月より大阪フィルハーモニー交響楽団 特別契約首席奏者を兼任。

指導方針

ヴィオラという楽器を操ることを研究し、音楽を表現する力をつけていく、手助けをしたいと考えています。