教員・指導陣紹介

CHAKA CHAKA

[ジャズ]ジャズヴォーカル

略歴

ジャズピアニストの父とダンサーの母、という音楽一家に生まれ小さい頃からジャズ、ソウルなどに親しむ。十代の頃から地元のジャズのライブハウスでプロとして活動開始。1985年、PSY・Sというポップスユニットでメジャーデビューを飾り、アルバム17枚のリリースという豊富な活動の後、96年に解散。翌97年よりまたソロに戻り、ジャズシンガーとして活動を再開。2003年に発表したアルバム「CHAKA JAZZ〜LOVE」がスイングジャーナル誌のジャズディスク大賞2位となる。04年「Believin′」が同賞5位入賞。アニメやCMソングなども多数手掛けている。

指導方針

ジャズとは自由なもの。話しているのはフリースタイルで歌っているのと同じ。歌っていない時でも、毎日の生活の中にこそその人の歌の魂があると思っています。教えておきながらこういうことを言うのもおかしいかもしれませんが、誰にも習ったことがないような、自由で常に自分の殻を破り続け、誰にも似ていない、生命力あふれるシンガーが世の中にたくさん増えて欲しい。その為に出来るお手伝い・アドバイスは一切惜しみません。