教員・指導陣紹介

金田 あゆ子 Ayuko Kaneta

[バレエ]グローバルクラス

略歴

金田和洋・こうの恭子に師事。 国内外のバレエコンクールにおいて、最優秀賞第1位、審査員特別賞等、数々の賞を受賞。 ジョン・ノイマイヤー率いるドイツ・ハンブルグバレエ学校に留学。翌年、香港バレエ団へ入団。「ロミオ&ジュリエット」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」等に出演。帰国後、島崎徹、上田遙、加賀谷香、キム・ソンヨン、Rebeck Raimondoなどの振付作品で主演。また、日東書院出版「ボディシェイプ・バレエ」、主婦の友社出版「初めてのヨガ」、ダンス雑誌[DDD]等でモデルとしても活動している。 2007年シルク・ド・ソレイユの登録ダンサーとして契約、ダンス雑誌「DDD]の登録ダンサーとなる。2010年シルク・ド・ソレイユ「ZED」ニュイ役で出演。日韓ダンスフェスティバルにゲスト出演。翌年、韓国(ソウル)にて「NO COLOR」を振付、出演。韓国映画にダンサーとして客演、CM振付、国際映画祭オープニングの振付、出演、ヘアーショー、ファッションショーの振付、出演。 日本バレエ協会公演では、古典作品、創作でも主演やソリストを務め、2010年のヤングバレエフェスティバルで若手振付家として「完璧なお城」を発表。2005年、第1位作品振付者として指導者賞を受賞し、2009年アメリカNYで行われた国際コンクールで振付作品「SHADOW」が第1位を受賞するなど、次世代を担う振付家として期待されている。2004年、自らの活動拠点として森田真希と結成した「UNIT SEEK」も第3回の公演を行い、NPO法人芸術文化育成センターに所属。NHK文化センター主催アンデルセン生誕200年「マッチ売りの少女」演出・振付・主演。芸術の育成の為の活動に力を入れている。