教員・指導陣紹介

アレクサンドル・ブーベル Aliaksandr Buber

[バレエ]谷桃子バレエ団クラス

現在の活動

フリーバレエダンサーとして数々の公演に出演。
バレエ団、バレエ学校でのバレエ講師、振付家、国内バレエコンクールの審査員など活躍中。

略歴

ベラルーシ国立バレエ学校を首席で卒業後、ベラルーシ国立音楽大学文化部バレエ科卒業。
2001年、ベラルーシ国立ミンスクボリショイバレエ団に入団。
2003年、ベラルーシ国立ミンスクボリショイバレエ団プリンシパルに昇格。
2006年、Kバレエカンパニーに入団。
その後、まちだ全国バレエコンクールの審査員をはじめ講師、振付家としても活躍。
2010年、全日本バレエ育成振興会・バレエ冬期講習会の講師も務める。
NPO法人セェリ・ユース・バレエ団の芸術監督に就任。
以降、2011年、“ドン・キホーテ”、2013年“白鳥の湖”
日本バレエ協会都民芸術フェスティバルのバレエ・マスターを務める。





レパートリー
アリ「海賊」
バジル「ドン・キホーテ」
マキューシオ「ロミオとジュリエット」
王子「白鳥の湖」
王子「シンデレラ」
アルブレヒト「ジゼル」
王子「くるみ割り人形」
ゴールデン・ボーイ「バヤデルカ」
「バラの精」
「チポリーノ」
ドン・ホセ「カルメン」
フランツ「コッペリア」
「ラ・フィユ・マル・ガルデ」
「サタネラ」
その他創作多数。

指導方針

現地で取得したワガノワメソッドによるバレエ教授法、バレエマスターの免許に基づいた正しい指導、数々の国際コンクールや経験を生かしバレエという芸術をより深く、基礎はもちろん観客を感動させるような指導。