教員・指導陣紹介

迫 昭嘉 Akiyoshi Sako

ピアノ

現在の活動

リサイタル、協奏曲、室内楽の演奏、録音等。また指揮者としてもキャリアを重ねている。
教育活動、コンクール審査、公開講座など。

略歴

東京藝術大学大学院修了後、ドイツ政府給費留学生としてミュンヘン国立音楽大学マスタークラスに留学。ジュネーヴ国際コンクール最高位(1位なしの2位)、東京国際音楽コンクール室内楽部門第1位、ハエン国際コンクール第1位並びにスペイン音楽賞を受賞。1998年度には ABC国際音楽賞も受賞している。1981年のデビュー以来、ピアニストとして国内外のオーケストラとの共演、ベートーヴェンソナタ全曲演奏会などのリサイタル、室内楽等の演奏活動のほか19枚のCDをリリース。また 最近では、東京都響、新日本フィル、京都市響、九響、札響、大阪センチュリー響、名古屋フィル、神奈川フィル、関西フィル、群響などに指揮者として登場しており、この分野での今後の動向にも注目が集まっている。

現在、東京藝術大学教授、東京音楽大学非常勤講師。

指導方針

楽譜から出来るだけ多くのことを読み取り、ピアノという楽器を生かしてそれをどのように発信するのかを「自分で」考え、感じることができるようになって欲しい。