教員・指導陣紹介

三國 彰子 Akiko Mikuni

ピアノ

現在の活動

ソロリサイタル、自ら解説しながらのサロンコンサートのシリーズ。歌手、合唱団、器楽奏者の共演者として数多くのコンサートを行う。最近は若い人達との演奏会をプロデュースし、「演奏会」について共に考え、企画している。また、2007年3月大学の「演奏会実習」三國ゼミを終了した者達が、自主的に演奏グループを設立し、その監修者として、老人ホーム、小学校他でのコンサート活動に加わる。指導者としては「織音ピアノ研究会」を主宰。又、日本ピアノ教育連盟主催オーディション等、多数のコンクールで審査員をつとめる。日本ピアノ教育連盟中央運営委員。

略歴

武蔵野音楽大学卒業。洗足学園音楽大学マックス・エッガー教授マスタークラス、コンサートクラス修了。リスト晩年の曲を中心としたオールリストプロ、或いはシューマンの演奏機会の少ない作品を集めるなどのユニークなソロリサイタル。サロンコンサートのシリーズ。オーケストラとの協演、伴奏者として活動を行う。NHK文化センター合唱講座の伴奏を26年間受けもち、海外での文化祭にも度々参加する。

指導方針

先人達の文化遺産、音楽に感動し、それを理解しながら、自らの表現も研究していく。さらに音楽を通して人間社会との関わりを、若いエネルギーと可能性を秘めた学生達と共に考え、応援していきたい。