教員・指導陣紹介

中村 明一 Akikazu Nakamura

音楽教育

現在の活動

虚無僧に伝わる尺八音楽の採集・分析・演奏をライフワークとしつつ、ロック、ジャズ、現代音楽、等に幅広く活躍。作曲活動も行い委嘱作品多数。日本現代音楽協会会員。CD「虚無僧尺八の世界 京都の尺八? 虚空」(ビクター/VZCG−680)他。著書「『密息』で身体が変わる」(新潮社)。桐朋学園芸術短期大学講師。朝日カルチャーセンター講師。

略歴

横山勝也師、多数の虚無僧尺八家に師事。バークリー音楽大学およびニューイングランド音楽院大学院で作曲とジャズ理論を学ぶ。外務省・国際交流基金の派遣などにより、世界30ヶ国余、150都市以上で公演。世界40局余の放送局に出演。現在までに、ビクター、キング、コロムビアなどよりソロ及びリーダーとしてCD10枚をリリース。うち2枚はMCAなど北米及びヨーロッパでも発売、1曲が米国FM局8位。文化庁芸術祭優秀賞2回。文化庁舞台芸術創作奨励賞。コロムビア・ゴールデン・ディスク賞。松尾芸能賞。おもな共演者に、The Orchestra of the Age of Enlightenment (英)、Music From Japan Orchestra(condポール・ズーコフスキー)、ポーランド国立歌劇場管弦楽団、ラヴェル弦楽四重奏団 (仏)、ジャン・シベリウス弦楽四重奏団 (フィンランド)、エルヴィン・ジョーンズ(D)、ミノ・シネル(Prc)、ポール・ジャクソン(B)、サイモン・フィリップス(D)、渡辺香津美(G)、井上鑑(Kb) 、高橋アキ(Pf)、安田謙一郎(Vc)等。モリサ・フェンレイ、マーギー・ギリス、モーリーン・フレミング、山海塾、滑川五郎、日本舞踊協会などのダンス・舞踏に音楽を提供している。

http://www.kokoo.com

指導方針

深く、楽しく。