教員・指導陣紹介

三浦 章広 Akihiro Miura

[弦楽器]ヴァイオリン

現在の活動

東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター。ソロ活動(コンチェルトなど)。室内楽(ボアヴェール・トリオ)もさかんに行なっている。

略歴

筑波大学に進学し、人間学類において教育学、心理学、心身障害学を学ぶ。またこの頃より徳永二男氏に師事し、ヴァイオリンの研鑽を積む。84年同大学を卒業し、翌年NHK交響楽団に入団。第53回日本音楽コンクール入選。第21回東京国際音楽コンクール弦楽四重奏部門において斎藤秀雄賞受賞。第25回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第2位入賞(第1位空位)。川崎音楽賞第1位および最優秀市長賞受賞。89年アフィニス文化財団の奨学生として、ドイツ・ミュンヘン留学、エルネ・セベスティアン氏に師事。93年東京、大阪にてソロデビューリサイタルを行い、高い評価を受ける。13年間NHK交響楽団に在籍した後、99年より新星日本交響楽団の首席コンサートマスターに就任。2001年より東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを務めている。

指導方針

音楽を表現し、音楽の素晴らしさを人と共有出来る喜びを体験するために、ヴァイオリンの基礎技術から、感性に至るまで、順を追ってバランスよく指導していきたいと思っています。