第20回洗足学園ジュニア音楽コンクール

邦楽部門 実施要項

主旨
様々な可能性を持った若き人材が集い、その才能を披露する場を提供する。
コンクールを通じて、参加者同士が互いに切磋琢磨することによって、次世代を担う優れた演奏家を世に送り出すことを目的としている。
また、本事業を通じて日本の伝統音楽の発展に寄与することを目指している。
審査部門 A. 高校生の部
演奏者全員が高校生、または2019年3月31日時点で年齢が16歳〜18歳。
応募可能楽器は日本の伝統楽器全般。
独奏または合奏(8名まで。それ以上の人数の場合には応相談)。
助演は不可。
B. 中学生の部
演奏者全員が中学生。応募可能楽器は日本の伝統楽器全般。
独奏または合奏(8名まで。それ以上の人数の場合には応相談)。
助演は不可。
C. 小学生の部
演奏者全員が小学生。応募可能楽器は日本の伝統楽器全般。
独奏または合奏 (8名まで。それ以上の人数の場合には応相談)。
助演は不可。
演奏曲 日本の伝統楽器による作品。曲目自由(古典曲、現代曲)但し、自作品は不可。
応募
期間
2018年10月1日(月)〜 10月15日(月) ※消印有効
応募
方法

申込

宅配便または書留郵送(配送記録が確認できるもの。レターパック等)にて応募提出のこと。

提出書類

・所定の応募参加申込書
   下記よりダウンロードできます。
・楽譜1冊。 演奏箇所、省略箇所を楽譜に記入のこと。楽譜の返却はしません。 
・6分以内の本人の演奏録音。 録音媒体はCD。
 曲目、演奏者を記入したラベルを貼り付ける。
・演奏者の顔写真1枚(縦4cm×横3cm)。応募参加申込書に貼付ける。
 合奏での申込みの場合は、演奏者代表もしくは本選会引率予定者の顔写真を
 応募参加申込書に貼付ける。
・参加料払込受領書のコピー

参加料

8,000円

注意)・参加料の支払いは、振込のみとなります。
   ・振込人の名義は参加者名(グループの場合はグループ名)としてください。
   ・振込手数料は参加者の負担でお願いします。
   ・振込は応募期間内【10月1日(月)~10月15日(月)】に行ってください。
   ・振込後のご返金には応じかねますので予めご了承ください。

振込先

三井住友銀行 溝ノ口支店 普通 0920005「学校法人 洗足学園」

応募参加申込書 合奏演奏者リスト
審査
方法

予選(非公開)

提出した録音記録により審査を行い、本選出場者を決定する。
録音演奏時間は6分以内とする(6分を超えた場合、超過部分の演奏は審査対象外)。
予選の合否結果は郵送にて通知する。(11月上旬を予定。)

本選(公開形式/入場料無料/未就学児の入場不可)

会場:洗足学園音楽大学シルバーマウンテン2F
日時:2018年12月16日(日)12:00開始(予定)

   第1部…本選演奏  第2部…結果発表・審査員講評・授賞式
   本選演奏時間6分以内

表彰
最優秀賞(上位入賞一位)/優秀賞(二位)/奨励賞(三位)…賞状および記念品
入賞…賞状 
※ 各賞の受賞該当者無しの場合もありうる。審査発表は本選当日に行う。
結果
発表
本選日当日に会場にて審査結果を発表。 また各審査員の採点結果を公表する。
後日、ホームページ上にも結果発表を行う。
審査員
藤本草 (公益財団法人日本伝統文化振興財団理事長/審査委員長)
今藤 政太郎 (長唄三味線演奏家/人間国宝/特別審査員)
松尾祐孝 (作曲家/本学教授)
石垣清美 (箏演奏家/本学客員教授)
青木鈴慕 (尺八演奏家/本学講師)
主催 洗足学園音楽大学・大学院
共催 学校法人 洗足学園
協力 現代邦楽研究所
後援
朝日新聞横浜総局
「音楽のまち・かわさき」推進協議会
株式会社ヤマハミュージックリテイリング銀座店
カワイ楽器
公益財団法人日本伝統文化振興財団
洗足学園音楽大学同窓会
洗足学園短期大学同窓会
洗足学園中学高等学校同窓会「若尾会・音輪会」
邦楽ジャーナル
邦楽の友
読売新聞川崎支局
※五十音順

経費
その他
本コンクールの本選出場に関する、交通費、宿泊費、運搬費、通信費、食費等に関する諸経費は参加者の負担。また、洗足学園外で発生した事故(人身、物損)について主催者は一切の責任を負いません。
問合せ
<応募申込書請求・問合せ・応募先>
洗足学園音楽大学 現代邦楽研究所
洗足学園ジュニアコンクール邦楽部門事務局  

〒213-8580 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1  
電話&FAX:044-856-2932 
E-mail:genhouken01@senzoku.ac.jp
応募参加申込書 合奏演奏者リスト