活躍する卒業生

ジャズコース

市原 ひかり トランペット

原朋直に師事。2005年から現在まで、ポニーキャニオンより8枚のリーダーアルバムをリリース。自己のグループの他、土岐英史、安ヵ川大樹、井上功一等のグループに参加。

Profile
1982年、東京都出身。
成蹊学園小、中、高校を卒業。中学入学と同時に吹奏楽部でトランペットを始める。その後、洗足学園音楽大学のジャズ・コースに進学し、ジャズ・トランペットの基礎を学ぶ。ジャズトランペッター原朋直氏に師事。
2005年、ポニーキャニオンよりアルバム『一番の幸せ』でメジャーデビュー。
自らのオリジナル曲を中心にしたポップな仕上がりが評価される。
2006年、ニューヨークにてレコーディングを行った2ndアルバム『Sara Smile』をリリース。
スイングジャーナル誌のゴールド・ディスクを受賞。
同時に、第40回ジャズ・ディスク大賞のニュー・スター賞も受賞する。
2007年5月、2枚目に続くニューヨーク・レコーディングよる3rdアルバム『スターダスト』リリース。
前作に続きスイングジャーナル誌のゴールド・ディスクを受賞。
2008年、スイングジャーナル誌第58回日本ジャズメン読者人気投票トランペット部門で第2位を獲得。
2008年11月、通算4枚目となるリーダーアルバム『JOY』をリリース。
今作は初のセルフプロデュースによるもので、収録曲半数で村田陽一氏を始めとする5管を起用。ホーンアレンジも自ら行う。前年に続き2009年、スイングジャーナル誌第59回日本ジャズメン読者人気投票トランペット部門で第2位を獲得。
2010年3月引き続きポニーキャニオンから自身5枚目のアルバム『Move On』を『市原ひかりグループ』名義でリリース。
メンバーは浅井良将(as)、堀秀彰(pf)、中林薫平(bs)、安藤正則(drs)。 2011年6月同メンバーで録音した『Unity』をリリース。
自己のグループの他にhip chick(佐藤浩一pf,倉内達矢gt,川内啓史bs,小笠原拓海drs)や、井上功一(ds)トリオ、土岐英史(as)クインテット、安ヵ川大樹(bs)クインテット等に参加。
本格的なパフォーマンスと、女性ならではの感性をそなえた「新しい、ジャズの、ひかり」として、もっとも注目を集めるジャズ・トランペッターである。

http://www.hikari-ichihara.com/

※プロフィールはメッセージ掲載時のものです。

一覧へもどる