奨学金

奨学金制度について

一人ひとりの可能性のために、充実した奨学金制度を用意しています。

洗足学園音楽大学 奨学金制度

本学では、建学の精神にのっとり、教育目的を達成するため、学業成績優秀かつ心身共に健康で他の学生の模範となり得る人物に対し、奨学金を給付する制度を設けています。
募集・給付時期、採用人員等の詳細については、別途学生向けに掲示します。

[2021年度]

奨学金種別 概要 対象 給付金額
前田記念奨学金 学業成績優秀な学生に給付する奨学金 院2年生
学部2~4年生
10万円
前田音楽奨励賞 学外の音楽コンクールに入賞した学生に給付する奨学金 院1~2年生
学部1~4年生
3万円
前田記念留学生奨学金 卒業または修了後、1年以内に音楽を学ぶため外国に留学する学生に給付する奨学金 大学院修了生
学部卒業生
50万円
洗足学園音楽大学
外国人留学生奨学金
学業成績優秀で、在留資格が「留学」の外国人留学生に給付する奨学金 入学年度が当年度の学生 30万円
洗足学園音楽大学
資格取得支援奨学金
在学期間中に定められた資格※を取得した者に給付する奨学金 院1~2年生
学部1~4年生
資格科目による※

※ 洗足学園音楽大学資格取得支援奨学金の資格科目については別表を参照


別表 洗足学園音楽大学資格取得支援奨学金 対象資格一覧

資格科目 給付額
1 情報処理技術者試験ITパスポート試験 30,000円
2 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) Word 365 & 2019 15,000円
3 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) Excel 365 & 2019 15,000円
4 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) PowerPoint 365 & 2019 15,000円
5 アドビ認定アソシエイト(ACA) Visual Design using Adobe® Photoshop CC 15,000円
6 アドビ認定アソシエイト(ACA) Graphic Design & Illustration Using Adobe Illustrator CC 15,000円

日本学生支援機構奨学金

奨学金の概要
経済的理由により修学に困難があると認められる人に貸与または給付する制度です。

日本学生支援機構ホームページ

 

奨学金の採用形式と申込方法

採用形式 項目 詳細 日本学生支援
機構HP
の関連ページへのリンク
予約採用 概要 大学入学前にお申込みされ、採用候補者となっている方が対象です。 大学入学後に進学届提出等の手続きをしていただきます。 https://
www.jas
so.go.jp/
shogakukin/
moshikomi/
yoyaku/in
dex.html
申請時期
申請方法 詳細はSENZOKUポータルに掲示配信します。
在学採用 概要 大学入学後、新規にお申込みされる方が対象です。
予約採用候補者の方が、奨学金の種類を追加したい場合も申請可能です。
https://www.
jasso.go.jp
/shogakukin/mos
hikomi/zaigaku/in
dex.html
申請時期 春(秋に二次採用の募集がある場合もあります)
申請方法 詳細はSENZOKUポータルに掲示配信します。
家計急変
(給付型)
概要 生計維持者の死亡や事故、病気など予期できない事由で家計が急変(家計急変)した場合に申し込むことができる奨学金です。
申込方法や支援を受けるための条件が定められているので事前にご確認ください。
https://ww
w.jasso.go.jp
shogakukin/about
/kyufu/kakei_kyuhen/
index.html
申請時期 随時(事由発生後3ヶ月以内)
申請方法 教学センター(学生生活)窓口にてご相談ください。
緊急採用
応急採用
(貸与型)
概要 生計維持者の失職、破産、事故、病気、死亡等もしくは火災、風水害等の災害等により家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、随時、奨学金(貸与型)を申し込むことができます。
申込方法や支援を受けるための条件が定められているので事前にご確認ください。
<災害救助適用地域に該当する場合>
災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望される方は、該当者全員の推薦を受け付けます。
https://
www.jas
so.go.jp/
shogakukin/
moshikomi/
kinkyu_
okyu/inde
x.html
災害救助適用地域一覧 https://www.
jasso.go.jp/
shogakukin/mo
shikomi/rinji/
chiiki/index
.html
申請時期 随時(事由発生後12ヶ月以内)
申請方法 教学センター(学生生活)窓口にてご相談ください。

奨学金の種類と金額

奨学金の
種類
項目 詳細 日本学生支援
機構HP
の関連ページへのリンク
給付型
奨学金
奨学金の概要 日本学生支援機構の給付奨学金は、国費を財源として、特に優れた人であって経済的理由により極めて修学が困難である人に対して、進学を断念することのないよう、返還義務のない奨学金を支給することにより進学を後押しするものです。 給付奨学金の支給対象の学生は、授業料等の減免も同時に受けることができます。ただし、給付奨学金採用決定後に、別途申込み手続きが必要です。 https://www.jasso.go.
jp/shogakukin/about
/kyufu/index.html
申込
資格

選考
基準
学業成績等に係る基準や家計(所得・資産)に係る基準、及び高等学校等卒業から入学までの期間や在留資格等に関する要件を満たす必要があります。 https://
www.jas
so.go.jp/
shogakukin/
kyufu/shikaku/
zaigaku.html
金額 世帯の所得金額に基づく区分(第Ⅰ~Ⅲ区分)、通学形態(自宅通学・自宅外通学)等に応じて決まります。 https://
www.jasso.go.jp/sh
ogakukin/abo
ut/kyufu/king
aku.html
貸与型
奨学金
奨学金の概要 日本学生支援機構の貸与型奨学金は、国が実施する貸与型の奨学金です。 大学の正科生であり、経済的理由により修学に困難で優れた学生等であると認められる人を対象としています。 https://
www.jas
so.go.jp/
shogakukin/
seido/i
ndex.html
第一種
奨学金
(無利子)
【申込資格選考基準】
学力基準と家計基準があります。
<学力基準>
https://ww
w.jasso.go.
jp/shogakukin
/about/tai
yo/taiyo_1s
hu/gakury
oku/zaiga
ku.html


<家計基準>
https://www.jasso.go.
jp/shogakukin/abo
ut/taiyo/taiyo_
1shu/kakei/zaigaku
/index.html
【金額】
学校種別(大学院・大学)、入学年度、通学形態(自宅通学・自宅外通学)によって定められた貸与月額のいずれかを選択します。
https://
www.jasso.
go.jp/shogakuk
in/seido
/kingaku/1shu/
index.html
第二種
奨学金
(有利子)
【申込資格選考基準】
学力基準と家計基準があります。
<学力基準>
https://www.jasso.g
o.jp/shogakuk
in/about/tai
yo/taiyo_2shu/gakur
yoku/zaigaku.html


<家計基準>
https://www.jasso.go
.jp/shogakukin/
about/taiy
o/taiyo_2shu/k
akei/zaig
aku/index.html
【金額】
大学院においては5種類の貸与月額から、大学においては11種類の貸与月額から、それぞれ自由に選択できます。
https://www.jasso.go
.jp/shogakukin/ab
out/taiyo/taiyo_2s
hu/kingaku.html
入学時
特別
増額
奨学金
【説明】
第一種奨学金(無利子)または第二種奨学金(利子付)に加えて、入学した月の分の奨学金の月額に一時金として増額して貸与する利子付の奨学金で、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込んだけれども利用できなかった世帯の学生・生徒を対象とする制度です。
https://www.jasso
.go.jp/shogakukin
/about/taiyo/nyuzo/
index.html
【申込資格選考基準】
第一種奨学金又は第二種奨学金の申込者で、条件を満たす人。
https://www.jasso.go
.jp/shogakukin/ab
out/taiyo/nyuzo/jok
en.html
【金額】
5種類の額から自由に選択できます。
https://www.jasso.go
.jp/shogakukin/abo
ut/taiyo/nyuzo/kin
gaku.html

その他の奨学金制度

前田記念奨学金制度や日本学生支援機構の他にも、地方公共団体や民間の団体による奨学金制度があります。本学に募集通知のあったものについては、SENZOKUポータルにてお知らせしています。また募集通知のあったもの以外にも実施している団体がございますので、それぞれの出身地の教育委員会や役所の窓口等にご確認ください。