多彩なコースと充実したカリキュラム

実技・演習系科目を中核とした多彩な科目群

学士課程における教育課程の内容については、音楽の基礎理論、基本的な演奏技術、表現技法を練磨するという教育目的・目標に即して、実技・演習系の科目を中核に据えています。
具体的な科目としては、「○○奏法研究」といったレッスンや「演奏会実習」「室内楽研究」「オーケストラ研究」等が該当します。さらにこれらの演奏技術、表現技法を学ぶ際、理論的背景として必要となる「ソルフェージュ」「和声学」「対位法」等が音楽を学習する上で核となる主要科目群です。
これらの主要科目を骨組みにして、音楽へのより深い理解や豊かな音楽表現を育成するために多くの専門選択科目、教養科目があります。
様々な外国語の学習は勿論のこと「音楽史」や「西洋文化史」さらには「経済学」など、総合的な視野から物事を見る能力や、豊かな人間性を養うため、多彩な科目を開設しています。

細かなグレード制で、レベルに応じた学び

音楽関連科目群の多くはグレード制をとっています。細かなグレード分けを設定することで、学生は自分のレベルに応じたスタートラインから学習することができます。
また年次進行でステップアップする科目においては、前提科目の設定等の履修条件を設けることで、学生のより深い理解を促します。

「自由に発想し、自由に選択できる」主体的に音楽を学べる環境づくり

授業は大きく「専門必修科目」「専門選択科目(各コース)」「専門選択科目(全コース共通)」「教養科目」に分かれています。
「将来どうなりたいか」、「そのためにはどんな授業を受ければよいか」を自分で考え、目的に合わせたカリキュラムを選べるように「必修科目」の単位数を軽減し、選択できる科目を数多く用意しているのが大きな特徴です。
目標に向かって、自分の意志で選択を繰り返すことで、一人ひとりが主体的に学んでいく姿勢が身につきます。また自由な発想で音楽を学べる環境を整えることで、専門以外の様々なジャンルの音楽や、知識との出会いを提供。視野の広い教養を身につけることが可能になります。

音楽を志す一人ひとりの個性と創造性を引き出すために

それぞれの専門コースにおいて、定められた授業を履修することで、一人ひとりに「単位」が与えられます。数ある授業の中から履修する科目を自分で決めて、時間割を組み、卒業までに必要な単位を修得していきます。

カリキュラムの構造