多様なコースと充実したカリキュラム

実技・演習系科目を中核とした多彩な科目群

学士課程における教育課程の内容については、音楽の基礎理論、基本的な演奏技術、表現技法を練磨するという教育目的・目標に即して、実技・演習系の科目を中核に据えています。
具体的な科目としては、「○○奏法研究」といったレッスンや「演奏会実習」「室内楽研究」「オーケストラ研究」等が該当します。さらにこれらの演奏技術、表現技法を学ぶ際、理論的背景として必要となる「ソルフェージュ」「和声学」「対位法」等が音楽を学習する上で核となる主要科目群です。
これらの主要科目を骨組みにして、音楽へのより深い理解や豊かな音楽表現を育成するために多くの専門選択科目、一般総合科目があります。
様々な外国語の学習はもちろんのこと「音楽史」や「西洋文化史」さらには「経済学」など、総合的な視野から物事を見る能力や、豊かな人間性を養うため、多彩な科目を開設しています。

細かなグレード制で、レベルに応じた学び

音楽関連科目群の多くはグレード制をとっています。細かなグレード分けを設定することで、学生は自分のレベルに応じたスタートラインから学習することができます。
また年次進行でステップアップする科目においては、前提科目の設定等の履修条件を設けることで、学生のより深い理解を促します。

「自由に発想し、自由に選択できる」主体的に音楽を学べる環境づくり

授業は大きく「専門必修科目」「専門選択科目(各コース)」「専門選択科目(全コース共通)」「一般総合科目」に分かれています。
「将来どうなりたいか」、「そのためにはどんな授業を受ければよいか」を自分で考え、目的に合わせたカリキュラムを選べるように「必修科目」の単位数を軽減し、選択できる科目を数多く用意しているのが大きな特徴です。
目標に向かって、自分の意志で選択を繰り返すことで、一人ひとりが主体的に学んでいく姿勢が身に付きます。また自由な発想で音楽を学べる環境を整えることで、専門以外の様々なジャンルの音楽や、知識との出会いを提供。視野の広い教養を身に付けることが可能になります。

音楽を志す一人ひとりの個性と創造性を引き出すために

それぞれの専門コースにおいて、定められた授業を履修することで、一人ひとりに「単位」が与えられます。数ある授業の中から履修する科目を自分で決めて、時間割を組み、卒業までに必要な単位を修得していきます。

カリキュラムの構造

多彩な合奏授業

本学の合奏授業を象徴するのは、なんといってもその数と内容の豊富さです。多種・多様な合奏団体を目のあたりにして、その選択に迷ってしまうほどですが、いずれの授業も主担当教員をはじめ優れた講師陣が一丸となり、合奏指導はもちろん実技の面からも全面的にサポートします。国内外から招聘される著名な指揮者による演奏会の開催も、その特徴の一つです。一流の指揮者による指導を通して、たくさんのかけがえのないものを得ることでしょう。

  • オーケストラ

    実力に合わせて、3つの形態のオーケストラで活躍できます。

    マスターオーケストラ(洗足学園音楽大学管弦楽団)
    洗足の演奏形の頂点として、様々な演奏会に向けて研鑽を積みます。
    管弦打楽器:2~4年生の履修希望者の中から、学年末試験の成績等により選抜
    レパートリーオーケストラ
    演奏会に向けての研究・実践を行いながらオーケストラスタディについても学びます。
    管打楽器:2~3年生の履修希望者の中から、学年末試験の成績等により選抜
    ベーシックオーケストラ
    管弦打楽器コースの1年生対象。基礎的な楽曲を題材に分奏・合奏を経て演奏会を行います。
  • 吹奏楽

    洗足には4つの吹奏楽団があり、各自の適性に合わせて履修できます。

    洗足ウインド・シンフォニー
    洗足のフラッグシップバンドとして、様々な演奏会で、聴衆を魅了しています。
    ブルー・タイ ウインド・アンサンブル
    クリアなサウンドを追求。2012年にはミッドウエストクリニックに出演しました。
    グリーン・タイ ウインド・アンサンブル
    アジアの吹奏楽団との交流も行い、広く海外にもファンを持っています。
    フレッシュマン・ウインド・アンサンブル
    1年生のみで編成。連帯感や向上心を培いつつ、合奏の基礎や表現力を養います。
  • 室内楽

    古典から現代に至るまで、幅広い室内楽作品を経験して技量を磨きます。

    室内楽1
    1年次はクラス授業として室内楽の基礎を学びます。
    室内楽2~4
    2年次以降はチームを組んで本格的に室内楽を学びます。
  • アンサンブル

    様々な楽器を組み合わせた合奏授業で独自のスタイルを構築しています。

    フルートオーケストラ
    フルート同属で構成。オリジナル作品のみならず幅広い分野の楽曲を取り上げます。
    サクソフォーンオーケストラ
    ソプリロからコントラバスまで8種のサクソフォーンと打楽器で編成。質の高い音楽表現を目指します。
    打楽器アンサンブル
    多種多様な打楽器の奏法を、様々な楽曲を題材に学びます。
    SENZOKUストリングオーケストラ(弦楽合奏)
    他の楽器や声部を聴く耳を育てながら、指揮者なしで演奏できることを目指します。
    ファンファーレ オルケスト
    オランダやベルギーを中心に親しまれている合奏形態です。
    ギターアンサンブル
    アンサンブル力を養うために各種音域ギターによる合奏を実習します。
    ブリティッシュブラス
    サクソルン属の楽器にトロンボーン、打楽器を加えた英国スタイルの金管バンドです。

教育の特色