洗足学園大学附属幼稚園

ご挨拶

 これから始まる幼稚園生活は、お子さまが家庭から離れて、自分の力で前に歩き始める第一歩です。洗足学園大学附属幼稚園の務めとは、お預かりしたお子さまが家庭の次に安心して過ごせる環境を整え、小学校生活につなげる育ちを導くことだと考えております。

 私たちは子どもがあそびの中で育つ力を信じて、子どもが自らあそび出したくなる環境づくりを第一に心がけています。本園では大人が押しつけるのではなく、子どもが自ら選択して進むプロセスを重視し、ひとりひとりの発達や個性に合わせて、子どもが自然にあそびに夢中になれるよう、先生が丁寧にサポートしています。子どもは自分で選んだことに対して、どんどん前向きに歩んでいきます。次第に子どもは大人から自立することを覚え始め、幼児期に芽生えた好奇心や探求心は、大好きなあそびを通じて大きく育まれていくのです。

 幼稚園は子どもにとって、初めて経験する集団生活です。本園では子どもが新しい生活に慣れてくると、ひとりひとりの成長を注意深く見守りながら、個の活動から少しずつ集団生活に導き入れていきます。子どもは友だちと協力してあそぶようになると、すぐに友だちと一緒に行動することの心地よさを知り、視野の広がりとともに、友だちと自分を比べて負けたくないという向上心や、新しいことに挑戦する積極性が養われていきます。こうして子どもは友だちの中で育つことを通じて、集団の中での規律や協調性を徐々に身につけていくのです。

 

 洗足学園は、抜群の進学実績で知られる小学校だけでなく、幼児教育保育を専門にするこども短期大学と音楽大学を併設しています。音楽大学の先生が定期的に開催しているキッズコンサートを始めとして、本園の子どもは音楽で自らを表現することの楽しさを知る機会がたくさんあります。また将来幼稚園の先生になることを目指している短期大学の学生たちは、“ぐりとぐら”や人形劇など様々な鑑賞の機会を提供してくれるのに加えて、おゆうぎ会や運動会などの行事があるたびに、子どもが安心安全に過ごせるよう積極的に手助けしてくれます。

 このように洗足学園大学附属幼稚園は、広々としたキャンパスの中で、たくさんの先生や先輩に温かく見守られて、お子さまが健やかに育つための恵まれた環境を備えています。私たちは日々の生活の中で見つけた、お子さまの小さな成長ひとつひとつを共有しながら、保護者の方々と信頼関係を築いていきます。お子さまが楽しく元気に幼稚園生活を過ごせるよう情報交換を欠かさずに、大切なこの時期をご一緒に子育てしていきたいと願っております。

園長 富樫恭子