教員・指導陣紹介

岩本 伸一 Shinichi Iwamoto

[管楽器]サクソフォーン

現在の活動

キャトゥルロゾー・サクソフォーン・アンサンブルテナー奏者。サクソフォーン指導。吹奏楽の指導・指揮。

略歴

1982年国際青少年音楽コンクール第1位入賞。84年、東京芸術大学入学。在学中よりファインアーツ・サクソフォンアンサンブル、アルモ・サクソフォンカルテットに参加をし、NHK-FM放送出演、全国各地での演奏を行う。サクソフォーンを冨岡和男、亀井良明、D.デファイエ(元パリ音楽院教授)に師事。

指導方針

M.ミュールからD.デファイエに受け継がれたフランスサクソフォーンの基本奏法を柱とし、その音色、表現力のすばらしさを学生と共に追求し学んでいく。


研究実績

種別 名称(著書、論文、演奏活動等) 単/共 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
教育活動 「サックスオーケストラ1~4」の教育内容 2003年5月
~現在
  ソプリロ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス、コントラバスの8種のサクソフォーンと打楽器から成る「サックスオーケストラ」の科目担当責任者として、サクソフォーンが発明され楽壇に登場した頃の近代フランス音楽の管弦楽作品を中心に、毎年編曲を続け、指導を行っている。低音楽器にコントラバスサックスを導入し、より全体のサウンドが安定させる事に成功した。その結果として十分サクソフォーンだけで管弦楽の作品を演奏・表現する事が可能であり、新しい演奏形態の一つとして注目されるという効果があった。
国際交流 第8回ストラスブール音楽院との交流 2017年10月~11月   本学客員教授フィリップ・ガイス氏とストラスブール音楽院ピアノ講師M.オピ女史、並びにストラスブール音楽院4名の学生が来校し、短期留学を行う。フィリップ氏のマスタークラス及び演奏会をマネージメントする。
CD 復興 保科洋の世界 2017年1月 (株)フロレスタン  
演奏会 ビュッフェ・クランボン・ジャパン設立50周年記念コンサート  2017年11月 紀尾井ホール 室内楽グループの演奏会
審査員 平成28年全日本吹奏楽コンクール 2016年9月 名古屋国際会議場 主催:朝日新聞社