教員・指導陣紹介

大和田 雅洋 Masahiro Owada

[管楽器]サクソフォーン

略歴

宮城県出身

1990年、東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。同年、第7回日本管打楽器コンクール、第2位受賞。1992年、第1回ジュール・ド・ブリース国際サクソフォーンコンクールにおいて、セミファイナリストとなる(スウェーデン:アルヴィカ)。1993年、藝大フィルハーモニアとP.クレストンの協奏曲を共演する。1994年、東京藝術大学卒業後、東京藝術大学大学院音楽研究科に入学。第64回読売新人演奏会に出演。同年、第1回アドルフ・サックス国際サクソフォーンコンクールにおいて第5位受賞(ベルギー:ディナン)。王立ワロニー管弦楽団とA.グラズノフ、H.プスールの協奏曲を共演。第6回宝塚ベカ音楽コンクール 室内楽部門 第3位(1位なし)。1996年、東京藝術大学大学院修士課程修了。1998年、デビューリサイタルを浜離宮朝日ホールにて開催し好評を博す。2000年、第12回ワールド・サクソフォーンコングレスに出演し、啼鵬作曲「フォー・カラーズ」を世界初演する。(カナダ:モントリオール)。これまで、様々な在京オーケストラのエキストラ奏者としても活躍してきた。

現在、ソロ活動の他、「カルテット・リベル」主宰、ソプラノサクソフォーン奏者。TRIO「1214」、「Out of the Standard」等、様々なグループやユニットで活躍している。また、洗足学園音楽大学や全国各地のクリニック等において、後進の育成にも力を入れている。近年は吹奏楽指導者としても活躍しており、洗足学園音楽大学フレッシュマン・ウインド・アンサンブルの企画運営責任者として国内外の著名指揮者を招聘し、コンサートの企画プロデュースを行っている。

みやひろ・ウインドアンサンブル音楽監督兼指揮者、グラールウインドオーケストラ・トレーナー。

日本サクソフォーン協会運営委員

洗足学園音楽大学准教授

サクソフォーンを故大室勇一、冨岡和男、須川展也の各氏に師事

ジャズサクソフォーンを一戸祐三郎氏に師事

指導方針

基本奏法の研究に力を入れる事はもとより、古典から現代までの幅広いレパートリーを多く経験し、より豊かな音楽性と創造力を身につけて行きたい。

研究実績

種別 名称(著書、論文、演奏活動等) 単/共 発行又は発表の年月(開催日時) 発行・発表雑誌、場所等の名称 概要
CD Reflection of youthful music 2016年4月 ランティス  
演奏会 アウトオブザスタンダード東京公演 2003年5月
~現在
ダクスペースDO  
演奏会 響け!ユーフォニアムフレッシュマンウインド京都公演 2016年10月 北宇治文化会館  
演奏会 響け!ユーフォニアムフレッシュマンウインド神奈川公演 2016年11月 神奈川県民ホール  
審査員 横浜国際コンクール本選 2016年10月 鎌倉芸術館