トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 管楽器 - 指導陣

 指導員

新田 幹男
新田 幹男トロンボーン
現在の活動
NHK交響楽団首席トロンボーン奏者。ハイブッドトロンボーン四重奏団。
略歴
17歳よりトロンボーンを始め、大阪音楽大学音楽学部器楽学科トロンボーン専攻卒業。1993年に、けいはんな世界音楽学校フェスティバルオーケストラに推薦され、その模様がNHKで放映された。1994年にはオーストラリア・シドニーオペラハウスに於いて、ライヒャ作曲トロンボーン協奏曲第2番を演奏し好評を得た。卒業後、4年間のフリーランスとしての活動で経験を重ね、2000年仙台フィルハーモニー管弦楽団第1奏者として入団。2002年読売日本交響楽団に移籍し、2007年1月より、NHK交響楽団首席トロンボーン奏者に就任した。これまでにトロンボーンを呉信一、山本浩一郎、ニッツアン ハロズの各氏に師事。また室内楽をダニエル ドワイヨ氏に師事。サイトウ・キネン・フェスティバル松本、水戸室内管弦楽団のオーケストラメンバーとしても活躍している。
指導方針
トロンボーンの可能性を追求するのは勿論の事、調和、協調性を養っていきたい。一人一人の個性が生きる様な指導を目標とし、ポジション獲得をねらいたい。