トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 声楽 - 指導陣

 指導員

水島 範子
水島 範子
現在の活動
オペラ・ソロ・カルテット・デュエットを中心にコンサート活動。コーラスのヴォイストレーナー。
略歴
洗足学園音楽大学音楽学部声楽科卒業、同大学専攻科修了。同大学マスターコース修了。二期会オペラ研究所修了。読売新人演奏会、神奈川県新人演奏会、二期会新進声楽家の夕べ、NHK-FMコンサート等に出演。二期会オペラ「真夏の夜の夢」の蛾の妖精でオペラデビュー。その後、「コジ・ファン・トゥッテ」(フィオルディリージ)、「フィガロの結婚」(伯爵夫人)、「ドン・ジョヴァンニ」(ドンナ・エルヴィラ)、「魔笛」(パミーナ)、「蝶々夫人」(蝶々夫人)、「カルメン」(ミカエラ)、「ボエーム」(ミミ)、ワーグナー「神々の黄昏」(ヴォークリンデ)、「夕鶴」(つう)、NHK-FMクラシックコンサート「魔弾の射手」(アガーテ)、その他多数のオペラに出演。文化庁移動芸術公演では各地で「カルメン」の公演を行う。オーケストラとの共演も多く、NHK交響楽団定期演奏会「子供と魔法」、JR駅コン、ベートーヴェン「第9交響曲」、マーラー「第4番」、モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」などにも出演している。又、青少年の音楽鑑賞を目的に全国の小・中・高校でのコンサートにも力を入れている。二期会会員。
指導方針
歌にしかない歌詞を通じて、その内容をしっかり聴く側に理解してもらえるような表現法の指導。「声がいい」「音楽が綺麗」というだけのこれまでの聴衆の判断を「言葉がわかる」「何をしているのかがわかる」というような判断に変わっていってもらえるようにしたい。