トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 声楽 - 指導陣

 指導員

延命 紀子
延命 紀子
現在の活動
オペラ出演、オーケストラとの共演、ミューズィカル出演、ボランティアコンサート。
オペラ・ミューズィカル指導とヴォイストレーニング。演技指導、ミューズィカル演出、合唱団のヴォイストレーナー、コンクール審査員。
略歴
東京都出身。国立音楽大学声楽科卒業。国立音楽大学大学院オペラ科修了。子安順子、井上敦子、大石正治鈴木淳弘、阿部富美子、伊原直子カリストロ、各氏に師事。劇団四季に於いて、浅利慶太氏に演劇界の演技方法を学び、ブロードウェーのヴォイストレーナーよりミューズィカル発声法を会得。モーツァルト作曲「レクイエム」、ヘンデル作曲「メサイア」、ベートーヴェン作曲「第九交響曲」アルトソロ、オペラ、「フィガロの結婚」、「カルメン」、「霊媒」、「魔笛」、「アマールと夜の訪問者」、「カヴァレリア・ルスティカーナ」、「不思議の国のアリス」等に出演。ミューズィカル「サウンド・オブ・ミューズィック」等に出演。イタリアベネチア、サンタマリア教会においてオルガニストでもある故ジュリアーノ神父と共演するなど宗教曲の造詣も深い。NHK教育テレヴィレギュラー出演、元劇団四季シーズンメンバー、東京室内歌劇場団員、二期会会員。
指導方針
声楽家は俳優でもある。
歌詞をセリフとして自分自身の役柄から音楽を演奏することを的確に指導する。
各自の必要に応じてボリューム、無理のない自然な発声法、腹式発声法をていねいに指導。
ドイツ、イタリア、フランス、日本歌曲各々、オペラアリア等の言語の持つ特有のニュアンスを具体的に発音しながら分かりやすく指導。
又、ブロードウェーミューズィカル発声法、ポピュラー発声法など異なる発声法を要望に応じて指導。