トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 弦楽器 - 指導陣

 指導員

須田 祥子
須田 祥子ヴィオラ
現在の活動
東京フィルハーモニー交響楽団首席ヴィオラ奏者。
略歴
6歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向し、98年同大学を首席で卒業。これまでにヴァイオリンを室谷高廣、室内楽を名倉淑子、ヴィオラと室内楽を岡田伸夫の各氏に師事。97年第7回日本室内楽コンクール、99年第7回多摩フレッシュ音楽コンクール、99年第23回プレミオ・ヴィットリオ・グイ賞国際コンクール、2000年第2回淡路島しづかホールヴィオラコンクールの全てのコンクールで第1位優勝。皇居内御前演奏会、ヴィオラスペース等数多くの演奏活動や、ソリストとして大阪シンフォニカー交響楽団をはじめとする多くのオーケストラと共演している。特に「日本の作曲家2001」で演奏、大阪シンフォニカーとの演奏はNHK-FMでも紹介され、高い評価を得た。国内の数多くのオーケストラに首席として客演した他、宮崎音楽祭、倉敷音楽祭、サイトウ・キネン・オーケストラ等に度々出演している。
指導方針
個々の生徒の持ち味を生かし、基本である楽譜の読み方や作曲家の意図・時代背景等、あらゆる角度から楽器演奏技術の向上を目指す。また、技術を身に付けることで楽器を介して音楽を表現する楽しさを体感し、なにより音楽の楽しさを知って欲しい。実践で役立つよう、アンサンブルやオーケストラについても教えたい。