トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 弦楽器 - 指導陣

 指導員

物集女 純子
物集女 純子ヴァイオリン
現在の活動
ソロ、主要オーケストラのゲストコンサートマスター、室内楽、アンサンブル、オーケストラの指導、ヴィルトォーゾ横浜メンバー。
略歴
16歳で渡米。ジュリアード音楽院卒業。同大学院及びプロフェッショナルスタディズ修了。ゴードン=ヴァイオリン奨学金を受け、ドロシー=ディレイ女史に師事。在学中、ジュリアードオーケストラのコンサートマスターを務める。過去4回東京でのリサイタルは音楽雑誌等で賞賛を受け、また室内楽奏者としても幅広く活躍している。横浜文化協会会員、ヴィルトォーゾ横浜メンバー。1991年最も期待される若手演奏家に贈られる“ヤングアーティストデビュー賞”(アーティストインターナショナル主催)を受賞。92年、カーネギーホールウェイルリサイタルホールにてニューヨークデビューリサイタル開催。帰国後はソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団他、都内各オーケストラと共演。
指導方針
自分のつくり出す音によく耳を傾け、曲の背景や構成等あらゆる方面から作品を深く理解し、自分の音楽を作り上げていく力、又、自分で自分を教えることのできる力を育てていきたい。基礎をしっかり勉強しながら、音をたのしむという本質と実践を通していかに自分を表現できるかという高いレベルの演奏技術を教えていきたい。