トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > ピアノ - 指導陣

 指導員

清水 将仁
清水 将仁
現在の活動
ソロリサイタルの他、オーケストラとの共演、室内楽、伴奏、レコーディングなど、幅広く演奏活動を行っている。また、コンクールの審査、各地での講習、レッスンなど、後進の指導にも積極的にあたっている。
略歴
東京芸術大学を首席で卒業。在学中に安宅賞を受賞。また、芸大定期にて芸大オーケストラと共演。東京芸術大学大学院を首席で修了。クロイツァー賞を受賞。アムステルダム・スウェーリンク音楽院(オランダ)を卒業、国家演奏家資格を取得。帰国後、東京文化会館、すみだトリフォニーホールなどにてリサイタルを開催、好評を博す。数々のソロリサイタルの他、オーケストラとの共演、室内楽、伴奏、レコーディングなど、幅広く演奏活動を行っている。また、コンクールの審査、各地での講習、レッスンなど、後進の指導にも積極的にあたっている。これまで、新谷規子、野口明子、故 H.C.ステファンスカ、田辺緑、W.ブロンズの各氏に師事。日本演奏連盟会員。クロイツァー記念会会員。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。
指導方針
ピアノ演奏の基礎をしっかりと身につけ、また自分自身が考え、感じたことをピアノで表現できるように丁寧に指導することを心がけています。