トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 打楽器 - 指導陣

 指導員

近藤 高顯
近藤 高顯
現在の活動
(財)新日本フィルハーモニー交響楽団、NPO法人 紀尾井シュンフォニエッタ東京首席ティンパニ奏者。バッハ・コレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、メンバー。新潟大学管弦楽団トレーナー。
略歴
1971年東京音楽大学附属高校入学、74年卒業。75年東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻入学、79年卒業。80年〜82年ベルリン芸術大学、O.フォグラー教授のもとへ留学(D.A.A.D.ドイツ学術交流会給費留学)。85年新日本フィルハーモニー交響楽団へアシスタント・ティンパニ奏者として入団。89年同団首席ティンパニ奏者として現在に至る。
指導方針
単なるリズム楽器としての打楽器ではなく、“響きの楽器”としてのティンパニ及び打楽器の役割を、すべてのアンサンブル活動の中で再認識する指導。そしてその為の技術の修得はもとより、鋭い感覚を磨き上げ、各個人の適性を向上させることなど。