トップ > 音楽学部 > 指導陣紹介 > 作曲 - 指導陣

 指導員

松尾 祐孝
松尾 祐孝
現在の活動
オーケストラ作品から邦楽器作品や電子音楽に至る現代音楽作品の作曲。現代音楽祭等での指揮。《ISCM世界音楽の日々2001横浜大会》実行委員長等、各種企画プロデュース。及び「音楽づくり」等の音楽教育プログラム推進活動。
略歴
幼少期から児童期にかけて、児童合唱団に所属してNHKや民放の教育番組や音楽教養番組に多数出演。その後、作曲家・音楽家を目指し、1984年東京芸術大学大学院修士課程修了。85年日仏現代音楽作曲コンクール特別賞、88年ACL(アジア作曲家連盟)青年作曲賞第1位、92年ISCM(国際現代音楽協会)世界音楽の日々ワルシャワ大会入選、その他、村松賞、別宮賞等、受賞多数。94年には、代表作〈フォノスフェール第1番~尺八と管弦楽の為に〉が東京フィル欧州楽旅で絶賛を博す。以後、邦楽器の分野にも積極的に関わっており、2014年に開催した《松尾祐孝邦楽器作品個展》は大きな反響を巻き起こした。一方で、NHK教育番組「ゆかいなコンサート」の進行役を務める等、テレビ・ラジオへの出演も数多い。その他、近年は国際交流活動にも積極的で、98年ブザンソン国際作曲コンクール審査員、《ISCM世界音楽の日々2001横浜大会》、《日本=チェコ交流2003》等の国際音楽祭の実行委員長や、メキシコ《セルバンティノ芸術祭2005》招待作曲家、エクアドル《日本=エクアドル交流演奏会2006》招待指揮者、《Music From Japan 2007》委嘱作曲家、ポルトガル《Musica Viva 2010》委嘱作曲家、ウクライナ《Donbas Modern Music Art 2013》招聘指揮者、等を歴任している。現在、日本現代音楽協会 理事・財政戦略企画室長、公益財団法人日本音楽教育文化振興会・理事。
http://ameblo.jp/phonosphere/
指導方針
正格な見識を持ち、且つ自由に飛躍する人材や芸術家を育てたい。芸術家や作家が自分の専門領域の内に閉じこもっている時代は最早終わりを告げた。自らがプロデュースやマネジメントの才覚を持ち、分野の垣根を越えた創造や活動を創出していく時代に、芸術、娯楽と社会の関わりをしっかり認識しながら、自分の個性を発揮できる者を、続々と輩出したい。