トップ > 音楽学部 > コース紹介 > 作曲コース > 人材養成の目的

人材養成の目的
和声学、対位法を始めとする多くの書法の訓練、及び楽器法、管弦楽法等の基礎的な技術力を高めつつ、世界の多様な音楽語法による作品の享受と共に楽曲分析力を伴った作曲技法の習得を行います。その結果、総合的な視野から作品を書く力を身につけ、確かな技術に裏打ちされた的確な表現能力の向上を目指しつつ自らの音楽を探すことの出来る人材の養成を目的としています。