トップ > 音楽学部 > コース紹介 > 作曲コース > コース紹介

コース代表メッセージ
作曲コース副統括責任者 清水昭夫先生
作曲コース副統括責任者
清水 昭夫 先生
 新しい音楽を創造することで、自己の感情や思想を表現できることが、作曲の大きな魅力です。
音楽を伝えるためには、また残していくためには楽譜を書くテクニックを磨かなければなりません。
そのために和声学や対位法をはじめとした作曲技法を修得すること、また楽器の音色や組み合わせを研究すること、そして音楽様式を含め様々な角度から音楽を分析、研究することに力を入れており、あらゆる音楽制作のシーンで活躍できる人材を育成します。
コースの特色
確かな実力と豊かな創造性を備えた作曲家育成に向けて、
学びの幅を広げ、質を向上させた新しい学修体系へ生まれ変わりました。


 2つの個人レッスンで作曲の基礎力と創造性を修得
  作曲には基礎的な書法を高めることと、創造性を高めるための技法や知識の獲得という2つの面が大切です。
  本コースでは2つの個人レッスン(作曲技法+作曲理論)を受講でき、個々の能力を最大限に高めることができます。
  また、目標に応じて学生が教師を自由に選択できます。
  


 20世紀以降の作曲技法を体系的に学べるカリキュラムを設置
  2つの個人レッスンにより和声法や対位法といった19世紀頃までの伝統的なテクニックを修得できますが、
  そこにとどまらず、20世紀の作曲技法を体系的に学修できるカリキュラムを設置しています。
  歌曲、合唱曲、オーケストラ、吹奏楽などさまざまな曲編成について学ぶことができ、
  自らの表現技法の獲得へとつなげていきます。


 楽譜作成のプロフェッショナルを養成
  -自らの作品を残すこと、そして伝えること-
  そのためには楽譜を作るための豊富な知識と技術が必要です。
  本コースは楽譜を制作するテクニックを重視し、記譜のための詳細なルールの修得をはじめとして、
  高度な作品や楽譜をコンピュータを使用して浄書する力を育成します。


 クラシック以外の音楽制作も学修可能
  洗足学園音楽大学はクラシックのみならずジャズコースやロック&ポップスコースなど、
  様々な音楽ジャンルのコースが共存し、それらを自らの音楽に融合することが可能です。
  他のジャンルとのコラボレーションの一環として、ジャズハーモニーやコンピュータによる音楽制作を学ぶことも可能です。
   


 作品発表会で実践力を養成
  毎年前田ホールで行われる作品発表会で自作品を披露することができます。
  成績優秀者は4年次にオーケストラ作品を発表できる機会が与えられます。
  シルバーマウンテンを利用して作品発表会を企画することも可能であり、たくさんの発表のチャンスに恵まれます。