トップ > 大学紹介 > 学長メッセージ

学長メッセージ

洗足学園音楽大学 学長 万代晋也
音楽を学ぶことを通じて身につけていく 「成長する力」 と 「協働する力」
   大学で真剣に音楽を学ぶことは、生きていくために必要な資質や能力を育みます。私たちは音楽を学ぶ過程で育まれる資質や能力を「成長する力」と「協働する力」という概念で捉え、“音楽を学ぶ”過程の中で身につけることができ、かつ音楽を学ぶ上でも大切なこととして重視しています。
   音楽活動の中では個人で取り組むものとグループで取り組むものがあり、それぞれの学びのサイクルを回すことにより「成長する力」と「協働する力」を育みます。学びのサイクルは「なりたい自分」になるための活動プロセスを表現したモデルです。学びのサイクルに沿って行動することにより目標や活動がより具体的になり、自分自身の振り返りを通して新たな成長につながります。そして身につけた力が学びのサイクルをさらに充実させ、世界が広がっていくのです。

充実したカリキュラムと豊富な指導陣で 「音楽の力」を育みます
レッスン・合奏・合唱・室内楽等、多様な実技系授業
  優れた指導陣が個々の感性を磨き、技術や技能を高めます
一人ひとりの興味や個性に応じた自由なカリキュラム設計
  「将来どうなりたいか」 「そのためにはどんな授業を受ければよいか」 を自分で考え、目的に合わせたカリキュラムを選択できます。
演奏会の企画から開催まで- 実践を通して学ぶ「演奏会実習」
  指導教員の下で自主的に演奏会の企画、交渉、運営等の演奏会制作に取り組み、最終目標としてコンサートを行います。
年間200回以上の演奏会
  聴衆の前での多くの演奏(発表)機会が成長のための大きな糧となります。
多彩なジャンル
  自由な発想で音楽を学べる環境を整えることで、専門以外のさまざまなジャンル の音楽や知識との出会いを提供します。視野の広い教養を身につけることが可能です。

授業で行われているのはまさに 「社会から求められていること」
   本学の授業は、レッスン、アンサンブル系、講義(講座)、演奏・実習、演奏会実習など、その多くが少人数・双方向型で行う実践的なものです。そして学生一人ひとりの将来目標から課題を設定し達成のための取り組みから結果に至るプロセスを指導し、その各段階において評価を受ける仕組み(アカデミックアドバイザー制度)を整えています。こうした中で、学生は「専門的知識の一方的な伝授」に陥りがちな多くの文科系の大学に比べ、「社会から求められている能力」を授業の中で身につける多くの機会に恵まれています。