トップ > キャンパスガイド > 施設 > 前田ホール

キャンパスガイド 前田ホール

前田ホール

19世紀ヨーロッパ型、いわゆる「シューボックス」型のコンサートホールとしては、日本で初めて建設された本格的なホールです。
世界最高の音響といわれるウィーンのムジークフェラインスザールを模範として設計されました。
前田ホール写真1
前田ホール写真2
前田ホール

前田ホール写真 エントランス
エントランス
時には、エントランスでのミニコンサートも
前田ホール写真ステージ
客席からステージ
世界でもトップレベルの洗足学園前田ホールでは、著名な音楽家が多数このステージで演奏しています。

前田ホール写真パイプオルガン
パイプオルガン
ステージ奥には、オルガン構造学の権威カール・シュッケ氏率いるベルリン・オルガン製作所によるパイプオルガンの名品が設置されています。
前田ホール写真3階からステージ
3階からステージ
音楽大学の学生によるオーケストラ、室内楽などの定期演奏会や研究発表会、世界の著名な演奏家によるコンサート、 幼児教育保育科コンサートなど、洗足学園の学生達が新しい感動や発見に出あえる場所、それがこのホールです。

●前田ホール概要
鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)[地下1階・地上5階]
設計三上祐三+MIDI綜合設計研究所
設計協力・構造武藤構造力学研究所
音響東京大学生産技術研究所 石井・橘研究室
照明永原浄デザイン研究所
客席1階371席・2階418席・3階225席・3階サイドRL100席(50席ずつ)/合計1,114席
控室10/特別控室1/シャワー室1/照明・音響調整室1
残響時間2.0秒
※パイプオルガン仕様
設計・製作:カール・シュッケ/ベルリン・オルガン製作所
整音・調整:クラウス・ブコフスキー41ストップ/パイプ総数2,980本