学生ボランティア

宮城県亘理郡山元町でミニコンサートを行いました

12月21日(土)、宮城県亘理郡山元町にある中山熊野堂仮設住宅に伺い、コンサートを行いました。洗足学園音楽大学の被災地支援推進チームの学生ボランティアとしては、今回が初めての仮設住宅への訪問でした。
私たちは“被災地支援ボランティア”として活動していますが、一番に、単純に音楽を楽しんでもらいたいという気持ちでジャズを演奏しました。
仮設住宅での初めてのコンサート、音楽のジャンルがジャズということもあり、最初は不安でいっぱいでしたが、聴きに来てくださった方々が喜んでくださり、アンコールまでいただいて、とても嬉しい気持ちになりました。
演奏会の後には交流の時間をもつことができました。お漬物や手作りのエコタワシやお守りまでいただき、皆さんの温かい気持ちと現地の澄んだ空気やのどかな風景に、私たちのほうが元気をもらい、楽しい時間を過ごすことができました。
演奏を聴きに足を運んでいただきありがとうございました。やまもと復興応援センターの皆様、このような貴重な機会をいただいて感謝しています。
まだまだ復興には時間がかかるかもしれませんが、これからも応援しています。機会があったら是非また行きたいと思います。

ジャズコース 2年 飛田すみれ

出演
3年 廣田健一郎
2年 阿部真由子
2年 飛田すみれ
2年 南山拓朗
1年 梅澤萌

引率
原朋直教授