演奏活動・チャリティーコンサート

《ペイフォワード ~はじまりの種~》 チャリティーコンサート "ピアノの響演"  演奏会後記

 2017年3月28日、洗足学園音楽大学シルバーマウンテンにて開催し、123名のお客様の温かな雰囲気に包まれながら無事に終演を迎えることができました。高校の頃から通っていた洗足学園にて、音楽を通したチャリティーコンサートの場を与えていただけましたことを、大変光栄に感じております。
 このコンサートは、洗足学園音楽大学のピアノ科卒業生である二人が、未来ある子どもたちに何かできることはないか?と考え、企画したものです。しかし、準備を進めていくにつれて、心の通う友人・師匠との共演を通して、音楽の力に救われている私たちがいました。
 演奏会中、会場の皆様とは心の繋がりを感じさせられる瞬間があり、音楽の尊さを感じました。
そのような演奏体験ができましたのも、切磋琢磨してきた同志であることから気持ちの共有ができたこと、また、師匠との共演では、これまでいただいてきた多くの力を再確認することができたからであると思っております。

 また、ご協力いただきましたアンケートは全て読ませていただき、温かなお言葉と愛が込められたメッセージに胸がいっぱいになりました。このメッセージを心に受け、企画当初から私たちの理想であった「音楽を通しての恩送り」が叶ったように思え、嬉しく感じました。

 最終募金額は、チケット売上金 120,000円に加えまして、募金箱への寄付金 16,818円、合計136,818円の寄付金が集まり、全額をあしなが育英会へお送りさせていただきました。皆様の温かなご支援に感謝いたします。

 また、こうした出会いを通して、今回の「はじまりの種」が、いつか花を咲かせられますよう、願っております。私たちには、音楽でしか力になることはできませんが、コンサートの開催を通じて、被災地をはじめ、生活や就学の難しい子どもたちの一助となることができましたら、幸いです。

 最後になりますが、この日を迎えるまでに多方面からのお力添えをいただきました。被災地支援委員会担当者様をはじめ、チラシ制作関係者様、当日は調律師の方、スタッフの皆さまの支えがあってこそ、成り立った会でもありました。この場をお借りしまして、深く感謝申し上げます。

出演者一同