演奏活動・チャリティーコンサート

11月8日(土)「洗足学園音楽大学フルートオーケストラ 郡山緑ヶ丘中学校特別演奏会」

 11月8日(土)に「洗足学園音楽大学フルートオーケストラ 郡山緑ヶ丘中学校特別演奏会 〜40人の笛吹きが福島へ音楽のプレゼントと交流〜」を行いました。本学からは学生・卒業生・教職員45名が参加しました。当日は天気に恵まれ、仮設住宅の方を含め300名ほどのお客様が来場されました。
 始めに地元福島県・郡山市のアマチュアフルート演奏家とご指導者(佐藤眞人先生)22名による演奏が行われ、本学の福島出身の学生3名、院生1名、岩花、渡部も加わり演奏しました。
 続く緑ヶ丘中学校管弦楽団は、指揮者なしで3曲すべてを演奏、3年生が引退し1・2年生のみの出演でしたが、初々しいさわやかなサウンドを響かせ、客席からも手拍子が起こりました。
 フルートオーケストラは、オリジナル編曲作品と特殊管など楽器紹介を演奏しました。お客様も体を動かしたり、熱演する学生を観ようと立ち上がったり、カメラ・ビデオを盛んに向けていました。
 最後に、会場のお客様と​演奏者全員で、オーケストラとフルートアンサンブルの為の「花は咲く」「ふるさと」(編曲:本学卒業生・岩岡一志)を演奏・合唱しました。わずか3週間の練習と当日1回の合同練習にもかかわらず、緑ヶ丘中オーケストラは見事に演奏を行い、演奏者と会場のお客様が一体となった素晴らしい演奏でした。中学生からのお礼の言葉と花束を受け、学生も我々教員も大変感激いたしました。
 演奏会終了後には体育館で中学生と交流会を行い、フルートの音の出し方や練習方法、打楽器の学生からも演奏法の指導など、​音楽についてたくさんの交流を行う事が出来ました。帰りに校門前で、お世話になった校長・教頭・顧問の先生と生徒、出演学生全員で記念撮影をし、中学生に見送られて緑ヶ丘中学校を後にしました。
 最後になりますが、今回打ち合わせの為​​​何度も中学校を訪問された郡山市のフルート講師の佐藤眞人先生、地元フルートアンサンブルの有志の方々、郡山市​緑ヶ丘中学校の先生方、そして会場に足を運んでくださったお客様​​に心より御礼申し上げます。

フルート教授 渡部亨

本学からの参加者
 フルート学生36名
 打楽器学生3名
 渡部亨(教授)
 岩花秀文(准教授)
 藤田雅(講師)
 谷村麻悠子(助手・総合司会)
 鳥越濯(職員)
 岩岡一志(卒業生・編曲)