トップ > 受験生の方へ > 奨学金

奨学金

一人ひとりの可能性のために、充実した奨学金制度を用意しています。
【本学独自の奨学金制度】
1. 前田記念奨学金
本学が独自に行っている前田記念奨学金制度は、本学に在学する学生で、成績優秀・健康で建学の精神に則り、他の学生の模範となる学生に対し奨学金を給付しています。毎年4月に掲示告知し、募集説明会を行います。
1.前田記念奨学金      
応募資格 成績(実技・学科)及び人物が優秀で、健康な者
給付人数 大学院音楽研究科 音楽大学音楽学部 短期大学
2名(2年生) 80名(2年生〜4年生) 20名(2年生)
給付金額 10万円 10万円 10万円
(注)本年度より給付人数を増やすとともに、コース毎の在籍数に応じて給付人数を按分することとしました。
 26年度前田記念奨学金授与式
2.前田記念賞      
応募資格 本学在学2年生以上の者で、ボランティア活動、競技会、学友会活動等の学内外各種活動において顕著な功績があった者
給付人数 3名
給付金額 5万円
3.前田音楽奨励賞      
応募資格 大学院、大学(専攻科、音楽学部)に在学し、音楽コンクールに入賞した者
給付人数 15名
給付金額 3万円
4.前田記念留学生奨学金      
応募資格 大学院、大学音楽専攻科、大学音楽学部を卒業または修了後、1年以内に音楽を学ぶために外国へ留学する者
給付人数 2名
給付金額 50万円


2. 海外留学生奨学金制度
 (対象:海外から本学へ留学する者)

応募資格 ①留学の在学資格を得ていること。
②音楽を学ぶ学生としての熱意を持ち、成績が優秀で心身健全であること。
③入学試験の成績及び個別面接の評価が優秀であること。
④本学での留学経験を基に、グローバルに日本文化向上に寄与せんと志す者。
給付人数 10名を限度とする。
給付金額 30万円 ※給付は入学時のみ。

日本学生奨学金制度
独立行政法人日本学生支援機構が行う奨学制度で、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与され、卒業後に返還することになります。奨学金の種類には次のものがありますので、生活設計に基づき、種類・申込条件・返還方法などを考慮してお申込みください。
1.第一種奨学金(無利息貸与)
  第一種定期(無利息貸与) 第一種緊急(無利息貸与)
募集時期

春(入学後説明会)

随時(緊急事態発生月)
貸与期間 採用時から卒業予定年度末月 4月を限度に事由発生月以降から採用年度末月まで
申込条件(1) 経済的理由により著しく修学が困難であると認められる者 家計が急変したため緊急に奨学金の必要が生じた者
申込条件(2) ●人物・学業共に優れ、かつ、健康な者
●成績の目安
1年生:高校成績平均3.5以上
2年生以上:成績上位1/3以内
貸与月額※ 大学 ●自宅通学者: 30,000円または54,000円から選択
●自宅外通学者:30,000円または64,000円から選択
2.第ニ種奨学金(有利息貸与)
  第一種定期(無利息貸与) 第一種緊急(無利息貸与)
募集時期 ●春(入学後説明会) 随時(緊急事態発生月)
貸与期間 採用時年度の4月から卒業予定年月まで(4月に遡って借りられます)
申込条件 ●学業成績が平均水準以上の者
●特定分野において優れた資質・能力を有する者
●学業を確実に修了できる見込みの者
●家計が急変したため緊急に奨学金の必要が生じた者
●第一種奨学金の学力基準よりゆるやかな基準となっている。
貸与月額※ ●30,000円 50,000円 80,000円 100,000円 120,000円 
上記5種類の金額から希望額を選択
予約採用について
 入学前に奨学金を予約する制度です。進学をする前年に、在学している高校の奨学金窓口へ申し出て下さい。
 進学先が確定していなくても申し込みが出来ます。大学入学後、奨学金交付までの手続が簡単になるため、
 早い段階で奨学金交付が受けられます。
 予約採用の奨学金制度の詳細については、在籍する高等学校および日本学生支援機構に照会して下さい。

その他の奨学金制度
前田記念奨学金制度や日本学生支援機構の他にも、以下のような各種奨学金制度があります。本学に募集通知のあったものについては、その都度、掲示によりお知らせしていますが、掲示分以外にも実施している地方自治体もありますので、各々の出身地の教育委員会や役所の窓口にもご確認ください。希望する奨学金制度があれば、学務部にご相談ください。
2016年度 募集一覧(PDF)
【地方自治体】
■北海道・東北地区 札幌市奨学金・函館市奨学生・財団法人青森県教育厚生会・弘前市奨学生・石巻市奨学生・財団法人秋田県育英会・福島県奨学金・いわき市奨学生

■関東地区

茨城県奨学生・財団法人栃木県育英会奨学生・宇都宮市奨学生・桐生市奨学資金奨学生・本多静六博士奨学金・さいたま市(旧浦和市)奨学金貸付制度・川越市育英資金貸付制度・(千葉県)丸山町奨学金・船橋市修学金貸付制度・大田区奨学金・横浜市奨学金・横浜市身体障害者奨学生・川崎市大学奨学金・川崎市修学奨励金(留学生)

■甲信越地区 諏訪市奨学金・新潟県奨学金・財団法人長岡市米百俵財団・富山県奨学金・富山市奨学金・石川県奨学金・石川県育英資金・福井県奨学金
■東海・近畿地区 浜松市奨学金・岐阜県選奨生奨学金・岐阜市育英資金奨学貸付金・岡崎市奨学資金・四日市市奨学会宇治市奨学資金・財団法人大阪府育英会・高槻市奨学会・西宮市奨学金
■中国・四国地区
島根県育英会奨学金・山口県奨学金・岡山市奨学金・松江市奨学金・財団法人高井育英会奨学金・徳島県奨学金・徳島市奨学金・今治市奨学金・財団法人檜垣育英会
■九州・沖縄地区 北九州市奨学資金・長崎県育英会・熊本県育英資金・大分県奨学会・宮崎県育英資金・鹿児島県育英財団・鹿屋市奨学資金・財団法人沖縄県国際交流人材育成財団
【新聞社】
  朝日奨学生・読売育英奨学会・毎日育英会・産経新聞奨学会・日本経済新聞育英奨学会
【民間育英団体】
  明治安田生命クオリティーオブライフ・財団法人ヤマト福祉財団・電通育英会・ヤマハ音楽振興会奨学金・ヒロシマ・スカラシップ奨学金・津田記念奨学金・ローム ミュージック ファンデーション・ロータリー米山記念奨学金・平和中島財団・交流協会奨学金・山口育英奨学金・山田奨学会・財団法人阪和育英会・朝鮮奨学会・朝鮮人奨学生・あしなが育英会・交通遺児育英会
※以上の他にも奨学金の募集をすることがあります。そのつど提示しますので、掲示に注意して下さい。