特徴的な施設

前田ホール /Maeda Hall

世界最高の音響をめざした
日本初の「シューボックス」型本格ホール

19世紀ヨーロッパ型、いわゆる「シューボックス」型のコンサートホールとしては、日本で初めて建設された本格的なホールです。
世界最高の音響といわれるウィーンのムジークフェラインスザールを模範として設計されました。

ブラックホール /Black Hall

電子オルガン/ミュージカル/ジャズ/ジャズヴォーカル/音楽・音響デザイン/ロック&ポップスの各コースが使用。ビッグマウス(スタジオ)、ミュージカルスタジオ、 マルチメディアスタジオ、プロユースの録音スタジオ、レッスン室、アンサンブル室、練習室などがあります。

シルバーマウンテン /Silver Mountain

2013年8月に新しく誕生したシルバーマウンテンは、リハーサル施設として利用されていたアンサンブル・シティ1・2・3を、正門入口前に場所を移し、地上2階、地下1階の建物としてリニューアルされたものです。
前田ホール(1,100名収容)とは趣の違うクリアな響きを持ち、本学の新たな演奏活動の拠点となっています。

アンサンブルシティ /Ensemble City

全ての教室は、全室遮音対応で徹底的に音響性能を追求、1階から6階までの全てのフロアで3メートルの階高を確保することで、ゆとりのある空間が、豊かな響きを生み出すことを可能としています。単なる講義教室ではなく、オーケストラ・合奏合唱・室内楽等、様々な用途に対応でき、その教室数から「Ensemble City」と命名しました。

ブラックホールアネックス /Black Hall Annex

コンテンポラリー系コースの活動の場として2013年完成。
アンサンブル室、録音室、レッスン室、練習室があり、楽器・アンプ類はプロユースの機材となっています。

エチュードステーション /Etude Station

最新設備の練習施設がエチュードステーションだけでも100室以上揃っています。各練習室は、それぞれの楽器の特性を考慮した音響設計がなされており、防音、吸音に優れ、さらには冷暖房完備、加湿器も設置されています。

ターミナルL /Terminal L

ターミナルLにはレッスン室の他、図書館が併設されています。

キッズスクウェア /Kids Square

20~40人収容程度の教室は、主に幼児教育保育科の授業で使用されています。また、大型スクリーンのある視聴覚教室や大体育館、小体育館、スカッシュコート、 室内温水プールなどもあり、講義形式の授業以外でも幅広く利用されます。短大事務局もあります。

eキューブ /e Cube

シルバーマウンテンに隣接している「eキューブ」は、「exchange(交流・交際)」「electronics(電子装置・電子技術)」「encouragement(刺激・奨励)」の頭文字を取って名付けられました。
2階には学生生活、教職、就職等の学生対応窓口があり、大学と学生をつなぐ施設となっています。

カレッジセンター /College Center

エスカレーターで地下に入ると、そこは学生達のフリースペース“カレッジセンター”。施設のすべてを地下に配したこの斬新な建物には、ショップやお洒落なカフェテリア「MUSE」があります。地下といっても、自然光を採り入れる吹き抜けや大理石など、明るく清潔感あふれる雰囲気です。

Panorama Senzoku
  • エントランス

    時には、エントランスでのミニコンサートも

  • パイプオルガン

    ステージ奥には、オルガン構造学の権威カール・シュッケ氏率いるベルリン・オルガン製作所によるパイプオルガンの名品が設置されています。

  • 客席からステージ

    世界でもトップレベルの洗足学園前田ホールでは、著名な音楽家が多数このステージで演奏しています。

  • 3階からステージ

    音楽大学の学生によるオーケストラ、室内楽などの定期演奏会や研究発表会、世界の著名な演奏家によるコンサート、 幼児教育保育科コンサートなど、洗足学園の学生達が新しい感動や発見に出あえる場所、それがこのホールです。